若々しく見える人の特徴は?3つのパーツを整えれば5歳若返る!

スポンサーリンク
肌悩み

こんにちは!美容家ブロガーのkouheiです。

今回は若々しく見える人の特徴についてお伝えします。若々しく見える人の特徴は3つのパーツが整っていることです。

フェイスライン、目尻、ほうれい線が整うだけで−5歳若見せ効果があります。3つのパーツを整えて若々しく見える人になりましょう。 この記事では、-5歳若く見せる方法について書いていきます。

スポンサーリンク

若々しく見える人の特徴

実は印象年齢を一気に上げてしまう3つのパーツが、フェイスライン、目尻、ほうれい線です。若々しく見える人の特徴は3つのパーツがしっかり整っているため、印象がいいとわかりました。

年齢と共に肌の老化は避けれないですが、フェイスライン、目尻、ほうれい線を整うようにすれば、歳をとっても若々しく見える印象さでギャップをうむことは可能です。

スポンサーリンク

若々しく見せる方法

年齢を重ねると肌にあらわれやすくなり、目尻のジワ、ほうれい線、フェイスラインのたるみ。3つのパーツに悩みが出始めたらエイジングサインかもしれません。

マイナス5歳若く見えることは難しいと思われますが、そうではありません。多少の時間はかかりますが日々の習慣を大事になされるのが、若々しく見える人の特徴です。

若々しく見える人の特徴には紫外線、マッサージを習慣していますが、そして若々しく見える人の特徴の方でも行っていないこと、簡単な方法をお伝えします。

シミ、そばかすに気をつける

シミ、そばかすは40代に多い悩みで、次にたるみです。実は関係ないように思われるかもしれませんが、そうでもないんです。

それは紫外線であり、紫外線のダメージを与えないこと。若々しく見える人の特徴はたるまないことで、たるみも紫外線でコラーゲンを減少をしてしまいますからです。

紫外線ブロックをしっかり行っていくことで、たるみ知らずな透明感あふれる肌にもなれることがあるからなので、シミやそばかすにも気をつけてみるとより印象良くなることでしょう。

マッサージをする

エイジングケア全般に言えることで、フェイスライン、目尻、ほうれい線の改善にはリンパの流れを刺激することです。リンパを刺激するだけで血流をスムーズにするだけでなく基礎代謝も上がります。

美肌にも効果的で、難しいことでもありません。

鎖骨あたりをイタ気持ちいいくらいにマッサージ。片側10回ほどで構いません、そして首、鎖骨、脇下にも刺激のいいマッサージもより効果的です。

若々しく見える人の特徴はしっかりマッサージを行っていることが多いです。

ミネラルウォーターを飲む

ミネラルウォーターを飲む目的としては、肌の角層はターンオーバーで生まれ変わり、新陳代謝をスムーズにする効果があります。

肌の保湿成分のコラーゲンを維持するために必要なのが水です。年齢を積み重ねることによって体内の水は減少します。

肌の保湿や支えになるコラーゲン、シワやたるみまでもが招くので、ミネラルウォーターは飲まれることは肌の健康のためでもあるのです。

実は若々しく見える人の特徴の方でもミネラルウォーターを飲む習慣を身につけている方は少ないので、ミネラルウォーターを飲むことで周りとの印象の差は出ますね!

スポンサーリンク

−5歳若く見えるためのパーツ別ケア方法

若々しく見える人の特徴としてフェイスライン、目尻、ほうれい線が整っていると言いましたが、3つのパーツは悩まされる箇所であり、フェイスラインやほうれい線のたるみ、目尻のシワが印象を下げてしまい老け顔と認識されるからです。

そうならないようにマイナス5歳若返るための1箇所の特徴とポイントをお伝えします。−5歳若く見えることで心も楽になれるので試してください。

フェイスラインには水素水

フェイスラインのたるみで年齢の印象をあげてしまうことがあります。そうならないように方法を説明しましたが、フェイスラインをたるまないように珍しいかもしれませんが、水素水を飲むことです。

水分の潤いと同時に活性酸素の除去と肌の潤いを助ける役割があるそうです。シワやたるみは、乾燥や加齢による肌の弾力低下が招いています。水素水にはホルモンバランスの乱れ、ストレス対策にもなります。

ミネラルウォーターを紹介しましたが、水素水をも試してみるのもいいですね。

目尻のシワの特徴!

一部のパーツである目元のシワができることは老けて見えるだけでなく、目つきがつるどく見えたりして相手に悪い印象を与る場合もあります。

目元のシワ改善で若く見えるだけでなく、好印象を与えるように日々輝かしくするために若々しく見える人の特徴です。

目の周りは乾燥しやすく、理由は皮脂腺や汗腺ががほとんどないためで、目元のシワが出やすいのはそのため。目元はデリケートなので、トラブルが起きやすく扱いが難しいです。ベーシックなスキンケアとは別にうるおいを与えるため若々しく見えるように目元の専用ケアが必要不可欠

パソコン、スマホのやりすぎで目が疲れていることありませんか?実は目の疲れは目元のシワを引き寄せることがあります。

目の疲れだけでなく、目の周りの血流が悪くなったりします。これをテクノストレス眼症と言いまして、この症状が悪くなりだすと視力だけでなく目下のクマ、目元のシワにもなります。

意外だったと思いますが、目の疲れをとるのが目元のしわを改善することでもあります。寝る1時間以上前にはパソコン、スマホを使わない!そして睡眠時間をしっかりとることがまずの改善です。

ほうれい線

20〜50代の方で若く見られたい箇所として肌そのものだそうです。肌全体をみるときに目が気になるのはほうれい線です。

ほうれい線のたるみで一気に印象が変わるのは怖いものですが、若々しく見える人の特徴はほうれい線の目立ちがないこと。ほうれい線の印象を変えれれば実年齢より若く見えること。

そのためにはまずコラーゲンを減少させないことから始めることが重要。

コラーゲンには真皮に潜むコラーゲン繊維やエラスチン繊維があります。しなやかさと弾力があるのは繊維が丈夫だから、若々しく見える人の特徴はハリがあるのです。

真皮の70%はコラーゲンであるため、繊維を保つための栄養素はタンパク質必要であり、ハリ感を高めるための必要素。

若々しく見える人の特徴の方がたるまないのは、コラーゲンが減少していないからだと考えれるから、若々しくいくためにはコラーゲンを生成することが重要です。

スポンサーリンク

若々しく見える人の特徴まとめ

目尻の小ジワ・ほうれい線・フェイスラインのたるみが老けて見える印象でありますが、逆に目尻の小ジワ・ほうれい線・フェイスラインのたるみの改善によってマイナス5歳若く見えることもあるのです。

それが若々しく見える人の特徴であること、方法やポイントを参考にして若く見せることが可能になるような記事にしましたので参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました