【体験談】薬用ビューネでニキビを防ぐ方法と効果的な使い方を紹介

スポンサーリンク
スキンケア

こんにちは!美容家ブロガーのkouheiです。

今回は長年ニキビで悩んでいた僕が薬用ビューネを使い始めて良くなった経験を書いていきます。 薬用ビューネとの出会いやニキビを防ぐ方法、生活習慣やスキンケア改善によりますます薬用ビューネの効果が実感できた効果的な使い方をまとめています。

僕と同じようにニキビで悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

ニキビの原因は生活の中にあった

ニキビの悩みの原因は生活の不規則によるものだと実感しています。

色々な記事に生活習慣の見直しについて語っていますが、これは自分が実感して体験でひどい目にあっているからです。

会社勤めていたころ薬用ビューネは使っていましたが、そして色々なスキンケアの使い方やいろんな効果が実感できず、ニキビを防ぐことも難しい状況でした。

なぜなら、生活スタイルが悪かったからです。

夜勤により自律神経が乱れていた

夜勤も勤務しておったため、自律神経が乱れていました。人間は夜寝るものですよね、夜しっかり働いているうちに体調も悪く、体調が良いことがわからないくらい体が乱れていました。体調管理と時間管理が大変ですし、それに僕は睡眠障害にまでなった経験もあります。

生活リズムのストレスでニキビができていましたので、働いていた時は大変悩んでいたことは覚えています。

夜勤の勤務時間は21:00〜8:00が普通です。日によっては20:00からのスタートもありました。もう全くの時間逆転の生活でしたので、僕にとって辛くストレスの日々でした。

睡眠時間も短かった

睡眠が短かったことはありました。夜勤は5時間程度でしか睡眠は取れていませんので、夜勤はあくびが止まらないです。

そして時には寝れないこともありましたので、日々の辛さによるストレスが今でも覚えています。

睡眠だけで時間は使いたくなかったので、趣味の野球観戦や資格の勉強を行っていました。今となってはありがたく睡眠は最低7時間は取れているので、睡眠は肌の再生機能を高める効果があることに実感できました。

スポンサーリンク

何を使うか迷った中の薬用ビューネ!

薬用ビューネを使うようになったのはメナードフェイシャルサロンの方と知り合ってからの縁でお世話になることになったのがきっかけです。

それまでは、スキンケアには全く無関心であり一時期は皮膚科にいっていました。皮膚科でお薬をもらい飲んでおりニキビ改善できていましたが、薬の副作用の影響で仕事や車の運転に悪影響を及ぼす居眠りが頻繁でした。

居眠りは良くないと思い薬の飲むのはやめ、皮膚科に行くのもやめました。

どうすればいいか悩んでいるうちにサロンにお邪魔することになり、肌診断もカウンセリングも真剣に向き合ってくれるサロンの方の姿勢に惹かれ、ここならいけるかもと思いました。

どこも真剣に肌悩みに向き合ってくれる人の方が信用しやすいし、丁寧にカウンセリングを行ってくれるところが良いし、無理に商品の押し付けて宣伝するところでもありませんでしたので、縁と環境で左右する場合もあるんだなと実感しました。

ニキビに悩んでいたのでもちろん薬用ビューネを勧められました。

スポンサーリンク

ニキビ跡の改善、使い方を伝授!

薬用ビューネを使えば治るという話ではありませんが、まずはスキンケア商品1つ1つ使い方を教えてもらいました。ニキビ跡を残さないようにしていくために、大事なことです。

まずびっくりしたのが、クレンジングを使うこと。メイクはしないのにクレンジングをするの!?って驚きました。それには理由がありました、そして洗顔料の使い方や化粧水の使い方についても教わりました。

クレンジングを使う理由と使い方

クレンジングを使う理由を説明を受けました。理由としては僕は皮脂が出やすいタイプで、皮脂をしっかり落とすために使うこと!しっかり落とさないまま放置しておくと、ニキビや毛穴汚れの原因になりますと言われました。

ニキビ跡がある場合は特に気をつけ、慎重に汚れを落とさなければいけません。

メイクアップ化粧品も油分だからクレンジングも行うからかと!曖昧ではありましたが、今ではそれがわかって使い方にも理解ができるようになりました。

クレンジングは優しく馴染ませるのが大事!と使い方を習う上で刺激を与えないこと、クリームが軽くなるまで(乳化)馴染ませることを使い方として習い勉強できて嬉しかったです。

クレンジングあってこそ、薬用ビューネの効果が発揮できたと今に思えばよかったことです。

洗顔料の使い方は泡の立て方にあった

洗顔の使い方として、洗顔もお肌をこすらず力加減はやさしく洗うことだと教わり、空気中の花粉やチリ、残った角質などをキレイにおとすことが大事と教わりました。

そして汚れを落とすために、大事な泡の立て方を教わりました。やり方として、片手をお茶碗のように少しお水をいれて利き手は茶筅のようにして泡立てます。洗顔料が硬位なら水を足しながら泡立てていきます。

泡立てる時にポイントは少しずつお水を足していくことがコツです。泡がふわふわになってきても、何度もお水を足して泡立てていくと泡の大きさはどんどん大きくなっていきます。弾力の泡ができたら完成!

泡で洗うときの大事なことは、手に肌が触れないようにすることだと使い方を教わりました。これも刺激を与えないことが目的

洗顔の使い方は正直最初に教わった時は面倒だと感じましたが、素直に教わったことをやっていくうちに今となっては大事なことだと実感しています。

化粧水の使い方でコットンは大事

化粧水の使い方を教わるとき、コットンを使うことだと言われ、今までコットンは使ったことがない状態でした。

コットンを使う理由として、塗りムラが起こりにくく保湿効果が高いと言われ、使い方としてはコットンに化粧水を500円玉くらいほどつけて、顔に優しくなじませていくことを教わりました。

特にニキビ跡がある場合には優しく馴染ませるようにして、刺激を与えないようにしましょう!場合によっては再発する可能性もありますので注意をしなければいけません。

それから当たり前のようにコットンを使っていく習慣になり、毎日欠かさず使っています。

スポンサーリンク

薬用ビューネの効果の実感!

美人の湯と言われる温泉の成分と植物エキスを配合。薬用ビューネはニキビを防いで、お肌の角質と角質の間にうるおいを保って、キメが細かく整う効果があると感じました。

これはクレンジングや洗顔の改善により、肌の浸透か早まったことから、より薬用ビューネの効果が実感できたのではないかと。

いつも健康で調子の良い肌に保つために、薬用ビューネは信用できると自分の肌に自信が持てるようになったのが、サロンに通ううちにそう思えるようになりました。

もしよろしければ、こちらから薬用ビューネを語った記事です。参考になるかと思いますので読んでみてください。

スポンサーリンク

【体験談】薬用ビューネのまとめ

【体験談】薬用ビューネで悩んだニキビを防いだ使い方!効果を実感したことは今を思うとすごい嬉しいことだと実感しました。

まとめとして!

  • ニキビの原因は生活の不規則(夜勤勤務、睡眠不足)によるストレス。
  • 薬を飲むことで副作用がではじめる!
  • スキンケアの使い方を習い実践が、ニキビを防ぐことができ肌を整えることができた。
  • 薬用ビューネはお肌の角質と角質の間にうるおいを保って、キメが細かくキレイに整う効果がある。
  • 薬用ビューネの効果はスキンケア改善で、より効果が早まることがわかった。

ニキビを防ぐために毎日睡眠は大事に行い、夜勤含む生活リズムが狂うことの恐ろしさを感じたニキビの悩みでした。

そして優先順位的に皮膚科は最後の手段だと感じました。サロンで解決したんだと思えば、皮膚科は後からでもよかったと思いました。

ニキビ跡を改善には時間がかかる場合があります。薬用ビューネ含むスキンケアは継続力が必要になってきます。

もし、前の僕の悩みをお持ちに方は参考にしてほしいです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました