ストレスは女性の敵。疲れやシワの症状の原因は睡眠と間食による砂糖!

スポンサーリンク
健康習慣

ストレス社会と言われてるくらい精神面の疲れにより、しわやたるみの症状に悩まされてませんか?

特に女性の方はストレスに敏感であると同時に生活習慣の悪さが目立ちます。

疲れをとること、癒しでもいいですし自分に厳しすぎないようにするのがまずは大事。ストレスの原因であるのは実は睡眠と間食です!

スポンサーリンク

睡眠の低下はシワたるみの原因です。

日本はストレスの原因である睡眠時間が短いということ、平均で6時間で6時間以下の人は40%だと言われており、

フランスの睡眠時間は8.7時間、アメリカの睡眠時間は7.5時間。

ショートスリーパーの人は今の時代少なくはなってきますが、それで健康と言われたらそうでもないという人もいるんではないかと思われます。

睡眠時間が少ないとホルモンの分泌が滞りお肌、体に深刻な症状を及ぼしてしまう原因となります。ストレスを感やすくなったり、特に女性には注意してほしいです。

成長ホルモンには細胞の新陳代謝を促して、昼間のダメージを修復してくれる働きがあります。

当然女性の方は美肌のため良質な眠りにすることも重要です。気にしないうちにしわやたるみなどの症状に繋がるので、睡眠時間が少ないと思ったらいつもより多めにとりましょう。

理想は7、8時間がいいです。

寝るよりも大事なことがある場合は早めに済ませるとか、仕事による残業で遅くに帰宅するならば早めに帰ることをしてみてはいかがでしょうか。

睡眠時間を平均でとることは生産性の向上にもつながります。

肌と仕事の効率のためにと思えば簡単なことなので、7〜8時間をとりましょう。

スポンサーリンク

間食を取らないのが一番、依存性高い砂糖は危険。

間食の特徴としてはおやつの一つに砂糖の摂取が原因です。女性の方が多い特徴として、普段の飲み物の摂取にも砂糖を加えてる人が多いと思います。

砂糖は依存性が高い食べ物であります。一時的にリラックスでき、そしてイライラする症状があったりと甘いものを摂る理由としてストレス解消するために摂ってませんか?

砂糖はストレスを増加させるため、体だけではなく肌に悪い症状が出やすいです。特に女性が気になる肌、疲れやすい原因は砂糖かもしれません。次のように解説しています。

酸化、糖化が老化のスピードを早めます。

砂糖をとることでしわたるみのリスクが早まることで、別の言い方で肌サビと言ったり肌コゲと言います。

サビることは酸化、コゲることを糖化ということ。肌には細胞によって成り立ってます。

細胞は古くなるにつれてうまれかわります、簡単に言えばターンオーバーと言いますが最近の若い人が肌というより身体のサビによる悩みもあるとのこと。

パンケーキを焼く時にこんがりとした色をつくと思いますが、それはタンパク質と砂糖が混ざってできる現象。この現象がコゲる、糖化と言います。

サビやコゲに共通していることは、シワたるみの肌の症状です。

ストレス発散のために砂糖の摂取で、コラーゲンやエラスチンが破壊されてしまい、肌のハリやツヤの低下が原因になるのでまずは糖分を減らすことをオススメします。

女性が気になる肌にコゲやサビによるシワに気づいた時にはショックを受けるはずです。

エイジングケアはスキンケアだけではありません。酸化や糖化にならないために上手く砂糖と付き合うかが大事です。

疲れやすいのは脳に騙されている。

女性は特に甘いものをとると元気が出るという人が多いですね、実はそれは脳による快感でそのように騙されているだけです。

症状としては朝起きるのが辛かったり、落ち込みやすいと感じたりしていませんか?

その原因は間食による砂糖の過剰摂取によるもので、ストレスのためにと甘いものをとることは余計にストレスを感じやすい悪循環に、それによって疲れやすい症状になるんではないかと思われます。

社会問題としてうつ病による精神的な症状を抱えてる人が増えています。原因の一つに砂糖の過剰摂取(砂糖による依存性)だと言われています。

身体だけではなく、心にも悪影響が受けやすいので注意も必要しましょう。疲れたら甘いものではなく、疲れたと感じたらまずは休むことです。

スポンサーリンク

まとめ

ストレスの原因は睡眠不足、間食による砂糖である。ストレスを貯めないようには寝る事と、間食による砂糖の摂取を控える事を説明しました。

肌だけではなく体、精神の症状が悪化しやすいです。特に甘いもの好きな女性には注意して欲しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました