測定器で肌年齢チェック!どこで測るか?悩んでる方に特徴と情報をお伝えします

スポンサーリンク
その他

こんにちは。美容家ブロガーのkouheiです。

肌年齢のチェックはを受けてみたいと思っても、どこで受けられるか分かりませんよね? そこで、コスメコンシェルジュの私が、肌年齢がチェックがどこでできるか?肌年齢チェックができる場所について書いていきます。

肌延齢のチェックはサロンやクリニック、化粧品販売コーナーで測るのが一般的ですが、実は自宅でできる測定器もあるんですよ。

肌年齢を知ることは、セルフケアや肌質の改善にも必要なので、どこで受けられるかの他に肌年齢チェックのポイントやケアの方法・改善方法などをまとめます。

スポンサーリンク

肌年齢をチェックで覚えてほしい基準

肌年齢は皮膚の3つの層がしっかり機能しているかです。皮膚の上から表皮、真皮、皮下組織が衰えないかが美しいポイントです。

肌年齢をチェックするにあたり、大事な5つのことは!

う・な・は・た(だ)・け という用語があります。

  1. うるおいがある。
  2. なめらかである。
  3. ハリがある。
  4. 弾力がある。
  5. 血色がない。

肌年齢チェックによる測定器によっては少し異なる場合はありますが、これらの5つの条件が美肌に近づける要素ですので覚えておいてほしいです。

うるおいがある

肌には水分で維持したりバリア機能として肌を守ったり保っています。年齢が重なるにつれて水分が減少して肌バリア機能も低下してしまいます。

肌を保湿というのは水分を与えるだけでなく、作り出すことも必要です。

うるおいというのは肌の水分がどれだけあるかで決まります。

なめらかである

なめらかさを保つには肌の水分補給が大事なことと、外部の刺激や洗顔の摩擦によっても変化しやすいのです。水分の不足によりキメが荒くなるで肌触りも悪くなってしまいます。

肌を触ってすべすべ感の基準になるため、肌の水分の維持は必要になってくるのです。

ハリがある

肌にふっくら感あることは若々しく感じます。それには肌の水分量だけでなく、真皮にあるコラーゲン、エラスチン繊維がどれだけ肌を支えれるかので決まります。

真皮という皮膚の70%はコラーゲンです。歳を重ねることに減少しますので、いかにコラーゲンを保てるかが鍵です。

弾力がある

肌をつまんで離したり、肌を伸ばしたりして離すとすぐ元に戻ります。これは弾力繊維というエラスチンの機能です。

エラスチンは輪ゴムのような伸縮して戻る感じで肌を支えています。

年齢が重なることにコラーゲンと共に減少しますので、弾力もコラーゲンをいかに保てるかが重要になります。

血色がない

外に出ると紫外線のダメージで肌が赤くなったり、暑さや寒さで体温調節で赤くなることもあります。

血色が無いようにするには外部から刺激を受けないようにするかです。

スポンサーリンク

肌年齢はどこで測るか

 

肌年齢チェックはどこで測るか、測定器で測るのは自宅でも可能かということですが、いろんな視点で考えれますが、ここで考えることはサロンやクリニック、化粧品販売点で共通するところはカウンセリングです。

似たり寄ったりですが、カウンセリングと肌年齢チェックの違いはこう考えます。

  • カウンセリング:肌悩みや悪いところしか見ない。改善方法を探していく。
  • 肌年齢チェック:肌の良さと悪いところなどを平均して年齢として数字にしていく。

もちろんどちらも大事ですが、どこでしたらいいか?サロンやクリニック、販売店によって特徴や内容は違いますので、ご自身の判断で決めてほしいと思います。

エステサロン

エステサロンはまずカウンセリングを行ってくれます。サロンによっては肌年齢をいきなり出してくるところもあります。

エステサロンは肌悩みに応じて、取り扱っているメーカーの化粧品を勧めてきます。有名メーカーや自身プロデュースの化粧品を出しているところも。

エステサロンの特徴はリラクゼーションです。エステで心身癒すためにマッサージなどの施術で血行を促進したり、ストレス解消効果もあります。

肌年齢チェックを行うと同時にリラックスしたい方におすすめです。

しかし、店によっては商品を強く勧めたり、他者製品の否定で正当化するスタッフがいるサロンもありますので注意も必要です。

美容クリニック

美容クリニックはスキンケア、生活改善でどうにもならない肌悩みに応じて施術する場所です。カウンセリングは一番重要なので、肌年齢を調べる気持ちより肌悩みをどうしても解決したい人におすすめです。

そばかすをレーザーで治療したり、黒くまやたるみのお手入れによるヒアルロン注射などが一般的、抗酸化作用のビタミンCを注射する方もいるくらいです。

ですが、料金は高めでお金持ちが行く発想な場所となるくらいのイメージになっています。

少なくとも数万円はかかると思いますので財布との相談で決めた方が良さそうです。

化粧販売店

化粧販売店は肌年齢チェックと共にカウンセリングも行うことがあります。

今ではドラッグストアでも行っていますのでお近くのところでも受けられるかもしれません。

パターンとしては肌年齢チェックやカウンセリングを行った後、取り扱い化粧品を紹介してスキンケア方法を教わること。

ただ販売とアドバイスを提供するだけなので、肌年齢チェックするだけなら全然いいと思います。

ただし、勧められた化粧品で何かしらの刺激で肌トラブルを起こした場合に責任取れないところもあるので、パッチテストを自ら行うことも大事です。

自宅で測る

自ら肌年齢チェックを測定器で測ることは便利です。時間も場所も自由で扱いやすく自分の肌を管理しやすいです。

ですが、継続的に測ることは続かない場合もあります。自分の精神に関わるからか日頃の行いとして大事に扱えるかが鍵です。

スポンサーリンク

肌年齢チェック測定器の種類

自ら肌年齢チェックを測定器で測ることは便利で時間も場所も自由で扱いやすく自分の肌を管理しやすい!

測定器にはいろんなタイプがあるためいくつか紹介します。

水分を測る測定器

自分の肌の水分や油分を測り、最適なスキンケアができるように肌に軽く当てて計測します。

水分や油分を計測するだけなので、肌年齢までは測定できません。このような機器は脱毛サロンで取り扱っていて、脱毛をする際にフラッシュでもレーザーでも肌の水分が低ければ炎症を起こしてしまうためです。

水分や油分が気になる方は持っておくといいですね。

肌を具体的に測定したい場合は

業務用で一般の方でも購入できると思いますが、smart skin careという肌年齢チェックできる測定器です。

この肌年齢チェックできる測定器はサロンやスパなどのお店で導入するところがほとんど!

ipadやタブレットで肌や頭皮を拡大して撮影し、測定できる精密機械です。

機能追加・改善などアップデートされ、サービスでご利用頂けます。
クラウド上にデータは残され、分析データで容量が増えることはありませんので、安心して使えます。

スポンサーリンク

肌年齢チェックについてのまとめ

肌年齢チェックをどこで行うか!測定器をどんなに性能よく診断したとしてもスキンケア、習慣は大事であり、結局は改善は生活です。

肌年齢を若くしたい唯一のことはスキンケア、習慣ですので日頃の生活を大事にされてください。

肌年齢が若くても油断すると肌は衰えてきます。診断がよくも悪くも感情的にならずに今できることをやってほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました