新アンチエイジング活用術!食べ物や運動、瞑想!で簡単な生活習慣を届けます

スポンサーリンク
健康習慣

こんにちは!美容家ブロガーのkouheiです。

今からお伝えする簡単!アンチエイジング活用術であり、意外な食べ物や運動についておすすめするものです。なぜなら20後半〜30代は特に肌が衰える年代であり、早い人で落ち込むほどのスピードだからです。

ですが、今回は簡単に行うことができる習慣や意外な視点で、食べ物を変えたり、こだわった運動をしたりして、アンチエイジングを実践習慣できるおすすめなことをお伝えします。

スポンサーリンク

取るべき食べ物!

アンチエイジングには栄養素の不足は肌に老化現象を与えるほど大事な役割であります。なぜなら僕たちの体の中は栄養素で、できているからです。

これまで、ビタミン類やタンパク質を取るように記事にしてきましたが、今回は油について話します。20代後半は油を大事にしなければいけない、その理由とエイジングケアとしての作用もあるからです。

今からでも肌年齢を差をつけるように油を変えてみませんか?

えごま油

油は体に悪いというイメージですが、実は肌のために摂った方がいい油があります。その1つがえごま油です。

えごま油は必須脂肪酸オメガ3脂肪酸の一種でありα-リノレン酸が含まれています。

α-リノレン酸には美肌効果があり、ハリ感アップにシワ改善効果があります。なぜかというと血液をキレイにし、血流を促進効果があります。それによってターンオーバーが正常にする働きがあるからです。

そしてコラーゲンを生成する働きを上げる効果も含まれるのでハリ感アップにも役に立つ食べ物です。

きのこ

きのこはビタミンB類が含まれており、再生を促進し炎症を防ぐ効果があります。そして肌の免疫力を上げるβグルカンが含まれています。

むくみ効果もあり、上手く料理にしていけばどんな時も役立つきのこで、旬の時期になればより美味しくいただけるものです。

しかし、凍らせたりすると栄養が壊れやすいので、保存方法には気をつけましょう。

鶏の皮、手羽先、牛すじ

鶏の皮、手羽先、牛すじはエラスチン、コラーゲンが豊富で肌に弾力を与えハリ感アップに改善できるからです。

特に肌に弾力を与えるエラスチンとコラーゲンは2大弾力成分と呼ばれ、網目状の構造で肌を保たせているコラーゲンとバネのように弾力を支えているエラスチンで肌のプルプル具合が変わります。

ただし摂りすぎはニキビの原因ともなりますもで注意して上手く召し上がってください。

スポンサーリンク

瞑想でエイジングケア!その意味とは?

瞑想とは、目を閉じて、姿勢をただし、呼吸を整えて集中させることです。

リラックス効果や心の疲れをとるのが目的ですが、実は美肌のためにするのもおすすめなんです。

なぜアンチエイジングにいいのか説明します。

美肌効果

日々生きている中で交感神経を働かせています。ストレスなどにより過剰になりやすく、血管が収縮してしまいます。瞑想を行うと副交感神経が働き、リラックス効果が得られ、血管を拡張してくれます。

その結果、血流が改善されて、血中内の酸素も増加するので、肌に栄養が届きやすくツヤのある健康的な美肌になることができます。ターンオーバーを促進する成長ホルモンの分泌も促すことができるため、肌の調子が悪い時にもおすすめ。

デトックス効果

瞑想を行うことによって副交感神経働き、血中に十分な酸素が運ばれます。

その結果、細胞全体が栄養素で満たされ、老廃物が排出されやすくなりますのでデトックス効果にも期待できます。お肌のコンディションが崩れてしまう方にもおすすめです。

スポンサーリンク

運動のおすすめは意外なところ!

運動は体に良い理由は血行促進、リンパの流れを正常にさせる、筋肉量増加でホルモンを促進させることです。

ですが、激しい運動は禁物です。なぜなら激しい運動は活性酸素を発生し、肌を老化へと導くからです。

そのため、アンチエイジングにふさわしい運動は激しい運動はしないことなので、おすすめはウォーキングです。

ウォーキング

歩いてから15分ほどすると、β-エンドルフィンが放出され血液循環が促してくれる働きによってビタミンやミネラルの栄養が肌にに行きわたって、新陳代謝が上がりターンオーバーにも正常性があります。

さらに40分ほど歩くことで出てくるセロトニンというホルモンが出て体や肌のたるみを引き上げてくれる効果があります。

さらにカロリー消費が高まり、生活している中で自然と脂肪燃焼しやすい体になりやすくなります。セロトニンには空腹感を抑えてくれる作用もありますので、食べすぎの予防にも効果的でダイエット目的にも適しています。

運動は自然の中が最適!

自然の中というのは山奥に行かなければならない!そうではありません。

公園や並木道でも構わなく、自然の音はα波が出るためα波を聞くことが大事になります。α波にはリラックス効果があるため音を聞くとベータエンドルフィンというホルモンが分泌します。

ベータエンドルフィンというのはストレスを軽減するほか、免疫力アップに繋がり、アンチエイジングの期待にできる必要なホルモンです。

自然の音を聞くことは、鳥のさえずり、川のせせらき、風の音を意味します。

都会の大通りより、鳥のさえずり、川のせせらき、風の音を聞けるところでリラックスして運動する方がもっと効率よく美肌のためになりますので試してみてください。

自然の音が聞けない場合は?

大都会だと自然の音が聞けないことはあるかと思いますが、α波が出るものは音だけでなく、香りもα波が出るものも。

それはコーヒーであり、コーヒーの香りにもα波を出す効果があると言われ、朝のモーニングにはコーヒーが最適なのはそのためです。

そして、CDなどで聴くのもおすすめ。鳥のさえずり、川のせせらき、風の音の自然の音が入っている音源もありますので試してみてください。

スポンサーリンク

新アンチエイジング活用術のまとめ

アンチエイジングを意外な視点でみました。

まとめとしての答え、食べ物は↓

  • 体に良い油を摂る。えごま油など。
  • きのこのβグルカンを摂る。
  • コラーゲン、エラスチンを摂る

そして運動は↓

  • 激しい運動はしない。
  • 自然の中が最適、リラックスできるから。
  • 自然の中が厳しいならCDの音源を使う。

瞑想のポイントは?↓

  • 血液の収縮を抑えることで美肌効果が得られる。
  • ターンオーバーが正常になる。
  • リラックス効果、免疫力アップに繋がる。

今回の記事で大事なのはリラックスすることを意識することです、いくら意識して肌のために習慣を我慢して交換神経を働かせても肌はキレイに見せることはできません。

肌は正直なので、無理くりしているとストレスになります。1日に数分でもリラックスをすることもアンチエイジングです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました