酸化と糖化の関係は老化を招くこと 若く肌を保つアンチエイジング習慣法!

スポンサーリンク
健康習慣

酸化と糖化の関係は老化すること。結果論ですけれど誰でも歳を重ねていきますが、老化のスピードは人それぞれ。

同じ年齢なのに見た目が若く見えたり美しく見えたりと人それぞれ、酸化と糖化がしにくい習慣を送っているのだと思います。

どうすれば若々しくいれる酸化と糖化の関係について書きました。

スポンサーリンク

酸化と糖化の関係は老化を招く、その理由は!

炭水化物や砂糖を摂取する時はエネルギーを貯める状態です。そこから膵臓がインスリンを分泌します。

摂ることが悪いわけではありませんが、最近はお菓子や糖質が多めの飲み物を取りすぎる、過剰に糖を摂っている人が多めだと思います。

糖の摂りすぎによってインスリンが余計に出る。その分タンパク質との結合によってコラーゲン繊維やエラスチン繊維が減少します。これが糖化と言います。

糖や酸化した油物(揚げ物)を食べると活性酸素が発生します。活性酸素はウイルスから体を守り、細胞を守る役目もあるからです。

しかし糖を取りすぎるために活性酸素も増加してしまい、健康な細胞まで傷を与えてしまい、しだいに肌に悪影響を起こします。このことを酸化と言います。

理由としては糖化は過剰に糖を取りすぎ、酸化は糖から繋がる活性酸素の発生や紫外線のダメージによるもの。

酸化と糖化の関係は老化というのは結果論ですので、今から改善などすれば間に合うます。

スポンサーリンク

抗酸化と抗糖化で老化を遅らせる

抗酸化と抗糖化で共通することは先ほどの糖の過剰摂取しないこと。

糖化にはAGEsという糖化した物質による皮膚や血管にくっついて肌にたるみや動脈硬化までも危険な症状まで引き起こす。抗糖化として意識することは糖の多すぎはもちろん、タンパク質を多く摂ること。

活性酸素が要因、ストレスや紫外線にも発生させる事によって肌にシミやシワを引き起こす要因になっていますなるべく紫外線を当たらないようにすることや抗酸化作用の食材を摂ること。

酸化と糖化の関係は老化になるという事ですが、そのためには体に悪いものは控えること、体にいいものを食べることです。

スポンサーリンク

酸化と糖化しない若い肌でいるための3つのポイント

老化を促進を遅らせる事に大事な3つとは。

 

  1. 甘いものを控えるようにする。
  2. 栄養を蓄えての運動が効果的。
  3. 抗酸化作用がある栄養をとる。

1.甘いものを控えるということは話しましたが、その理由は血液の中の糖がタンパク質を変異させるからです。肌はもちろん血管や骨にまで影響します、それが糖化です。

肌に影響することはハリの低下を招く、シワやたるみに繋がりますので糖質を摂りすぎないようにするのがいいかと思います。

2.運動は筋肉を衰えないように筋肉量をあげたり、心肺機能を高めるためのものです。

しかし筋肉を作る栄養素はタンパク質、炭水化物や脂質はエネルギーになります。全ての栄養素をエネルギーを効率よく関係性あるのがビタミンやミネラルです。

栄養が不足した状態での運動は、活性酸素を多く引き起こす可能性があるので酸化しやすい。運動で酸化しないようにするにはビタミンやミネラルを摂ることです。

3.ビタミンやミネラルを摂ることが抗酸化に繋がると言いましたが、その中でもビタミンCやビタミンEを摂ることもおすすめです。

抗酸化作用があるので、緑黄色野菜を摂ることをおすすめ。細胞が酸化しないように好きなものを食べるだけではなく、細胞に影響が出ないようにする食事や習慣こそが若々しく入るためであります。

スポンサーリンク

まとめ

酸化と糖化の関係は老化に繋がるとわかっていただけたでしょうか?

結論は糖を摂りすぎない、タンパク質をとる、紫外線を当たらない、ビタミンやミネラルを摂るです。

糖はエネルギーに必要な栄養素ですが、世の中で一番摂りすぎな栄養素であり、糖化になりやすい危険な社会にいるんだと思いました。

酸化は気づかないうちに進行していたと、気づいてからでは遅いと思いますので、紫外線対策や抗酸化作用がある栄養素を取り入れていきたいですね。

糖化と酸化に心がける関係はアンチエイジングです。老化だけではなく病気にならないために今すぐやれることです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました