目のクマの原因は?種類の理解と女性に効果的な改善をお伝えします!

スポンサーリンク
肌悩み

こんにちは!美容家ブロガーのkouheiです。

女性の悩みの1つが「目のクマ」です。仕事で忙しい、寝不足などの疲れからくるクマ。年齢と共に衰えていく目の下のクマ。紫外線などのシミによるクマ。種類は主に3つあり、種類によっては原因も改善も違います。

女性印象をも変えてしまう悩み「目のクマ」の原因と種類について、改善をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

女性の大敵「目のクマ」の原因!

目のクマができてしまうと、疲れた印象や老けた印象を与えてしまうことありますよね。特に女性の方は仕事や育児など役割が多いと思いますので大変です。

原因は生活の中にありますが、現代社会は目のクマがなりやすい時代になっています。まずは原因を知って生活を少し変えるのが重要です。

「目のクマ」の現代病!スマホ パソコン

ここ最近はスマホの普及が急激に上がったり、パソコンでのデスクワークの作業が増えたことが原因の1つです。

女性の場合は特に事務関係の仕事に着く人が多かったり、スマホでのSNSや動画などで画面を見続けたりしています。

これらのが原因をさすのがブルーライトです。ブルーライトには人が見える強い光で波長が短い!強いエネルギーを持っているため、長く画面を見続けると網膜にダメージを与えてしまいます。

パソコン、スマホは生活必需品になりましたが、なるべく見る時間を減らす、環境設定を変えてみることが目のクマを防ぐためです。

睡眠不足が「目のクマ」を招く

目のクマが原因として考えられるのも睡眠不足だと感じます。理由としては物をみる時は交換神経が働いており、脳も働いています。

つまり、目を休ませることは脳も休ませることも重要であり、休ませるのは睡眠になります。睡眠でリラックスして十分に脳を休ませないと目の疲れが取れません。

女性の皆さんは仕事、育児や家事を抱えていて時間が取れない。その中で「目のクマ」が気になりだしたら原因は睡眠不足を疑ってみてください。

ハリ感の低下で「目のクマ」に

女性誰もが気になる、年齢と共に肌の低下が原因「目のクマ」。コラーゲンやエラスチンの低下でなる目のクマのことです。

眼輪筋と言われるところがハリと共に衰えることで、凹凸になります。眼窩脂肪が下がってきて来ることで、下まぶたにヘルニア状態になることが原因にもなります。

女性の大敵紫外線

目の角膜に紫外線を浴びると角膜が炎症を起こし、目の痛み充血といった症状が出やすい傾向があります。

そのため、紫外線を浴びると目の下にクマが出来ることがあります。目のクマの原因も紫外線だと考えられ、注意が必要です。

スポンサーリンク

「目のクマ」の種類!

「目のクマ」にも3種類に別れることもあります。例えば、女性の方が睡眠はちゃんとしているのに目のクマが治らない!とお困りもいる方もいます。

目のクマにも色が特徴がありますので、原因も違う場合があります。目のクマを見極めていくことも大事なことであります。

疲れ気味の青クマ

目の疲れで起こりやすいのは青クマの可能性があります。若い方や、働く女性に起こしやすい目のクマです。

血液の流れが悪く、目の下の薄い皮膚を通して青く見える状態です。

見分け方は目尻を横に引っ張ると、薄くなりますが全く消えないことがあり、日によっては違うこともあります。

ハリ低下型黒くま

年齢と共にハリが低下して、起こる目の下にたるみのことです。眼輪筋の衰えをも考えられることもあります。

影ができて黒く見えるもので、むくみが加わるとさらに目立つことも考えられます。

見分け方は、手鏡を持って上を向けると薄くなりますので、1度気になる方はやってみてください。

シミ型茶クマ

紫外線などで色素沈着でシミができることでおこりやすい、目のクマとしてシミができるクマです。

目が紫外線の原因で炎症が起こったり、メラニン生成の活発になったりとして茶色いクマが発生することが原因です。

見分け方は引っ張っても上を向いても変わらないのが特徴です。

スポンサーリンク

改善!「目のクマ」

「目のクマ」は人の印象を決めてしまうので、自分らくいたいなら改善して解消を目指しましょう!

働く女性も含め、目の印象を良くすることで仕事も人間関係も変わり、目はそれだけ大事な顔のパーツであります。

明るくハツラツと働く女性が増えると社会の印象も変わると思いますので、皆さんも改善してほしい気持ちです。

現代病 ブルーライトの設定を低くする

女性の場合は特に事務関係の仕事、スマホでのSNSや動画などで画面を見続けたりしているのが原因で目が疲れ、目のクマすなわち青クマになる傾向です。

パソコンやスマホにブルーライトを減らす設定が重要であり、画面を暗く設定することのもブルーライトを減少効果があります。

仕事でのパソコンやスマホでの動画などで疲れを感じたら設定はおすすめです。

あと、今ですとブルーライトをカットするメガネがあります。メーカーによってカット%は違ってきますが、メガネをかけて作業をするのも「目のクマ」を防ぐためでもあります。

女性は重要 睡眠をしっかり

女性が特に重要なことは肌のためでもありますが、目を休ませることは脳も休ませることも重要であり、休ませるのは睡眠になります。睡眠でリラックスして十分に脳を休ませないと目の疲れが取れません。

なので、睡眠の質は問われます。質の良い睡眠は副交感神経が優位になること、リラックスしているかが大事になります。そうすることで、血流も良くなりホルモン分泌も促されます。

疲れを取らなければ、青い「目のクマ」が改善されませんので、自分の睡眠が問われます。習慣からが大事です。

眼輪筋を鍛える

眼輪筋が衰えることでの黒い「目のクマ」女性の方が特に気になる目の下のたるみ。黒い影ができてたるみによる黒クマを改善は眼輪筋を鍛えること。

鍛えることで、目の下のたるみ改善だけでなく、血流改善にもなります。そして筋肉が動くことで、表情も豊かになり、目のクマ、視力改善に繋がります。

印象を良くしたい大事なことは鍛えて眼力を衰えないようにすることです。

目の下もケアをしっかり行う

紫外線のダメージや目の疲れなどで「目のクマ」が起こる前にケアも大事になります。目元専用の化粧品で、くま・しわ・乾燥など、目元のお悩みを合わせて部分的にケアが大事です。

特に外出時に紫外線を直接浴びないように目の下もUVケアも大事になってきます、目に入らないように目の下もしっかり塗ることもポイントになります。

スポンサーリンク

「目のクマ」の原因のまとめ

女性の悩みの1つが「目のクマ」です。仕事で忙しい、寝不足などの疲れからくるクマ。年齢と共に衰えていく目の下のクマ。紫外線などのシミによるクマ。種類は主に3つあり、種類の説明、原因、改善をお伝えしました。

どのクマにしろ種類や原因は生活にありますので、生活改善が求められます。働く女性の悩みも生活にあると思いますので、どれか1つでも改善して明るく印象良くなってほしいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました