クレンジングクリームで良質毛穴キープ!脂性肌の方のおすすめ点と注意点!

スポンサーリンク
スキンケア

メイクオフ関係なく肌の潤いや皮脂や毛穴の汚れを落とすクレンジングクリームは、乾燥肌だけでなく脂性肌の方にはおすすめアイテムです。しかし、クレンジングクリーム肌の潤いや皮脂や毛穴の汚れを落とすことにおすすめだけでなく注意も必要。

脂性肌の僕でもうまくケアできていますので実感と豆知識をお伝えします。

スポンサーリンク

クレンジングクリームは低刺激で毛穴ケアには良いツール

毛穴の悩みはいくつかのタイプがあります。

  • 詰まり毛穴
  • たるみ毛穴
  • 開き毛穴

毛穴に対してはクレンジングタイプをいいか悪いかはないですが、僕はクレンジングクリームをおすすめします。なぜなら洗浄がありすぎず、保湿力もあり、低刺激性だからです。

詰まり毛穴は皮脂と角質の汚れが落ちていないまま毛穴が黒い塊で詰まったまま。たるみ毛穴にはコラーゲンの減少でハリ感が失われ毛穴が支えれない状態になります。開き毛穴は皮脂の過剰な分泌が目立ち、脂性肌の方は特に多い傾向。

クレンジングクリームの良いところは老化や肌質によるものに対応しやすい。

詰まり毛穴に皮脂と角質の汚れが転相によって洗浄でき潤いを保つ。たるみ毛穴にはふっくらとした状態にしたいので、それに近いクレンジングクリームがおすすめ。開き毛穴や脂性肌は皮脂をとることも重要ですが、取りすぎると逆に乾燥や混合状態になりやすいため、保湿機能があるクレンジングクリームがおすすめ。

クレンジングクリームは用途で対応しやす保湿力もあり、低刺激性だから使いやすい。なので、メイク落としやスキンケアはクレンジングクリームを使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

脂性肌に良いクレンジングクリームがなぜおすすめか?

脂性肌は皮脂の過剰分泌によるものであり、実は皮脂は肌バリア機能として守られているものです。

皮脂の出過ぎはニキビができやすい人には難敵かもしれませんが、皮脂を完全に落とすと乾燥や肌の水分が逃げてしまうのでクレンジングクリームがおすすめ。

クレンジングクリームは水溶性成分も含まれているので保湿機能があるので、皮脂だけではなく水分のバランスも保てるようにすることが大切です。

脂性肌の方でありがちなのは洗顔後に化粧水、乳液をつけずに済ませる方がいるということです。逆に乾燥や混合状態になりやすいためスキンケアの手順できちんとしましょう。

スポンサーリンク

クレンジングクリームで毛穴ケアにあたって注意点と転相について

クレンジングクリームなどでメイクをなじませている時に肌をゴシゴシと力を入れて摩擦や刺激を与えてしまいます。肌にはデリケートなので毛穴など傷がついて炎症を引き起こすこともあるので優しく使いましょう。

脂性肌の方に大事なのはクレンジングクリームでは肌の油分とメイクの油分をうまくなじませる必要があります。クレンジングクリームは水溶性成分が含まれているので油分は馴染みません。

ですが、馴染ませれるように界面活性剤が含まれているので毛穴からの余分な皮脂だったりメイクを馴染ませることを転相といいます。

くるくると優しく馴染ませてクレンジングクリームの色が肌色に変わり、クレンジングクリームが軽くなったら転相が行われたという意味です。クレンジングクリームを使用するときは転相もしっかり行いましょう。

そして転相が完了したらぬるま湯で洗い、すすぎを長めに意識して汚れ残しやすすぎ残しがないようにしていくのがポイントです。

ウォータープルーフが配合されているアイメイクは、クレンジングクリームでなく専用のリムーバーで落として使い方に間違いないようにしましょう。

スポンサーリンク

脂性肌対応クレンジングクリームでの毛穴ケアについてのまとめ

クレンジングクリームは洗浄力、洗い流しにくいということが言はれてますが、そんなことないと僕は思っています。毛穴の汚れは転相を理解すれば落とせますし、脂性肌でも汚れや皮脂を完全に落とせば保湿力も低下。

クレンジングクリームは乾燥対策だけでなくあらゆる毛穴ケア、脂性肌でもうまく使うことも可能です。

うまく活用して肌を健康に保てるようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました