夏に起きる唇の乾燥の原因は紫外線とエアコン!カサカサは冬だけのものじゃない

スポンサーリンク
専門知識

こんにちは!美容家ブロガーのkouheiです。

唇が乾燥する原因は冬だけでなく、夏にも乾燥したりカサカサしたりする中で悩んでいませんか?唇が夏にもカサカサするのは、夏は紫外線やエアコンを使っていることで室内が湿度の低下でカサカサしたりする原因です。

唇の乾燥は夏でも冬でも防ぎたい!夏の唇の乾燥やカサカサの原因と対処法をお伝えします。

スポンサーリンク

唇の乾燥は夏でも起こる原因とは

唇の乾燥の原因は冬だけではありません!夏でも唇の乾燥やカサカサに悩んでいませんか?実は紫外線やエアコンが関係しており、唇の乾燥は夏の習慣に関係あるということです。

なぜ夏にも唇がカサカサしたり、乾燥が夏でも影響するのか?原因をまず追求してみましょう。

唇の乾燥は紫外線が原因

唇の乾燥は紫外線が強く関係しており、肌にダメージを与ることと同じです。

急激に紫外線を浴びると正常な角層細胞が形成されず、肌のバリア機能が低下してします。唇も同じことで、乾燥してカサカサしてしまいます。

唇のキメが乱れ、皮が向けたり、肌荒れを起こしやすくなります。

唇の乾燥はエアコンが原因

夏の必需品となっているエアコンですが、エアコンからくる風は肌や唇は乾燥してしまいます。

エアコンには室内の湿度を吸収してしまい、涼しい風を送ることで室内は涼しくなります。エアコンの風を直に浴びてしまうとそこからどんどん唇が乾燥する原因。

エアコンを使うことで注意することは湿度を下げすぎないことです。

スポンサーリンク

唇の乾燥の対処法

夏に起こる唇の乾燥の原因は紫外線やエアコンだと説明しました。唇には皮脂腺がなく、湿度の低い冬と高い夏といった季節に関係ないことからすごく乾燥しやすいです。

ですが、原因を追求するだけでなく対処法も必要になりなす。唇が乾燥しないようにおすすめする対処法をお伝えします。

唇の乾燥対処法UVクリーム

UVカット効果が付いたリップアイテムやメイクアップのクリームを使うことは、唇に負担をかからないようにするためにおすすめ!

肌と同じように唇の乾燥を防ぐのはリップアイテムでポイントケアを使うことが重要です。

デリケートでトラブルが引き起こしやすいので、スキンケアの他にうるおいが中心としたポイントケアで唇を守りましょう。

ワセリンを塗る

唇の乾燥や皮むけが激しくなっている時におすすめです!保湿力や密閉力の高いワセリンがおすすめです。

ラップの真ん中に切り込みを入れてパックをすると、湿潤療法のような状態になり皮むけも治りやすくなります。

唇の皮むけは密閉力の最も高いワセリンを塗ってリップパックをやってみましょう。

エアコンの温度を下げすぎない

夏は非常に厳しい暑さですが、唇の乾燥の原因は湿度の低さです。だからと言ってエアコンは必需品になってきます。

大事なのは湿度を下げすぎないことです。部屋の保湿のバランスを整えること。エアコンが必要なければ窓を開けて換気をすることもおすすめです。

癖を直す

唇が乾燥することは唇の癖が原因です。舐めること、剥いたり、こすったりしていませんか?実はこの癖が原因になります。

舐めるとその水分が蒸発する時にもともとあった水分も奪われてしまいます。出来るだけ唇を舐めたり、刺激と摩擦を与ないようにしましょう。

スポンサーリンク

夏の唇の乾燥原因のまとめ

夏に唇の乾燥が起こる原因は紫外線とエアコンです。紫外線で唇をダメージとエアコンの湿度が低くなることが原因です。

唇を負担かからないためにリップクリームを塗ったり、保湿力や密閉力を高めるワセリンを塗ったりしましょう。

そしてエアコンの温度調整を気をつけて湿度を下げすぎないこと、舐めること、剥いたり、こすったりして摩擦や刺激を与ない。

冬と変わらないくらい夏も唇が乾燥しやすい環境になっていることを頭に入れておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました