冬の香水の選び方 つけ方で上品さと魅力アップに温かみの合う雰囲気を!

スポンサーリンク
その他

香水のつけ方で人間の印象や雰囲気は変わるものです。冬に合う香水選んで特徴を知り、上品さと魅力をアップしましょう。

香水を付ける場所で印象が変わります。男性も女性も付け方で香りの広がりで好印象を得るために冬に合う香りと共に磨いていきましょう。

スポンサーリンク

香水の冬のおすすめはバニラ系、ムスク系、ローズ系!

冬は寒くなりますので、冬のファッションはバリエーション多めです。重さや甘さがある香りが良いとされています。

冬は寒く、着込んでファッションの印象も暖かさと柔らかさがあります。冬におすすめなのがバニラとムスク、ローズの香り上品な雰囲気が漂い大人な感じ、ロマンチックにしてくれます。

バニラ

バニラはオリエンタルの種類の1つです。冬に合うのは香りが広がりやすく、香りは重めでエキゾチックな感じで楽しめます。

バニラの香りはリラックスが得られる効果があり、香りが経つまでに6時間以上と残香性があることが特徴です。

バニラを代表する香水はイヴ・サンローラン パリジェンヌオーデパフューム、リブレ オーデパフューム

ムスク

香水の副分類になるアニマリックの香水。濃艶なイメージが漂う香りです。

ムスクを使った香水は男性用にも使われることも多い。ムスクの濃艶な香りが女性は魅力を感じることからフェロモン香水と言われています。

香りが経つまでに6時間以上と残香性があることが特徴です。

ムスクを代表する香水はシャネル チャンス オー タンドゥル EDT

ローズ

ローズはシングルフローラルの1つです。ヨーロッパを感じるカジュアルな香りが特徴。

他にもアロマやスキンケアの成分で使われており、精油の女王と呼ばれるくらい美と健康に強いイメージがありローズの香りはフェロモンを漂わせる効果もあるらしいので女性の方は上手く使い方を得たいもの。

バニラやムスクとは持続時間は短めですが、最初の1時間くらいから香りを楽しめるのが特徴です。

代表する香水は クリスチャンディオール ローズ&ローズとローズ カブキ

スポンサーリンク

香水の付け方で香りを楽しみましょう!

香水をつけるタイミングはどんな時に香りを印象つけたいか大事になり、30分〜1時間を目安につけましょう。

商品の製造によって変化や香りの持続する時間は変化する場合があり、日頃のタイミングや生活の観察で効果的に香りが持続できるようにするのが付け方に1つです。夏と冬は香りの広がりが違うので、冬は少しつける量を控えめにしましょう。

香水の付け方は印象が変わり、冬は服に匂いが遮られます。寒いのでセーターにコートは厚め、どこに香水をつけるかによって香りの広がり、持続性は変わります。

皮膚が弱い方は服につけるのが良いですが、香りを楽しむためには、冬は皮膚につけるのが良く、おすすめは耳の後ろ、ひざの裏、手首です。

・耳の後ろ、うなじ

しっかりと香らせたいときや長時間香りを持続させたい時に。

・ひざの裏、足首

柔らかく香りを漂わせたい時やほのかに香りを漂わせる時に。香水の香りがほどほどにしたい時に良い場所。

・手首

香水の香りが広がりやすい場所で、強めに香りを漂いたい時に良い場所です。手首は手洗いの時など香りか取れやすい箇所でもあるので、付け直しも必要。

 

香水の付け方のついての注意点、前に肌が汗をかいてなく清潔にされているか確認して汗や体臭で香りが変化しないように。

上品さと魅力を引き立つ香りにするために、香水の付け方ひとつで変化しますので、冬に合う香りとご自身の個性をアップさせてお出かけを楽しんでほしいです。

スポンサーリンク

香水のつけ方と冬のおすすめの香りについてのまとめ

冬の香水はエキゾチックなバニラ、フェロモンが漂うムスク、カジュアルなローズがおすすめ。付け方はタイミングを観察してつける、耳の後ろ、ひざの裏、手首につけるのが香りを楽しめる。

香水は季節や年齢によって付け方が異なりますが、参考にして、ご自身の上品に魅力をアップさせる香水を探して引き出してください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました