肌のキメがない原因とは間違ったお手入れにある!改善方法をお伝えします

スポンサーリンク
肌悩み

こんにちは!美容家ブロガーのkouheiです。

肌のキメがない!と悩んでいる方に、原因である乾燥、紫外線、間違ったお手入れ、日頃の生活によるものが面です。肌のキメがないともう悩まないために改善方法をお伝え出来れば嬉しいです。

そもそもキメとは何なのか?そして遺伝との関係あるのか?も含めてわかってもらえたら原因も解明できますし、役に立つのでお役に立てる記事です。

スポンサーリンク

肌のキメが細かい改善方法

肌のキメがない肌を解決するためには日頃のスキンケアは肝心になってきます。結構怠りで原因なことはスキンケアの中にあります。

肌を健やかにするためにまずはスキンケアをしっかりしましょう!

肌のキメがない人はマイルドな物で

クレンジングクリーム、化粧水、乳液、クリームはマイルドなものがおすすめ。保湿力高めのセラミド配合のものを使うのが良いかと。

肌のキメのない人にすれば、刺激は普通の肌より弱い傾向がありますので、出来れば合成界面活性剤やエタノールが入っていないものが良いです。

紫外線対策をする

紫外線は肌に浴びすぎると乾燥気味になります。何故かと言いますと、紫外線に当たり顔が赤くなると水分の減少による現象が始まり、ごわつきやカサカサしたりすることで乾燥します。

特に冬は湿度が低いので余計乾燥しますので紫外線は当たらないようにしないといけません。そのため、UVクリーム、ファンデーションなどを薄くでもいいので塗ること。

もし、クリームやファンデーションのノリが悪い場合には塗らなくてもいいですが、日傘をさす、サングラスをかける、マスクをするなど肌を守ることを行うことも大事です。

肌の水分をしっかり蓄える

肌のキメを整えるには素早く肌に水分補給が大事になります。肌に水分を浸透させて肌のカサカサ感を防ぐためです。

乾燥による肌のキメがないと気になる方パックがおすすめ!保湿マスクやパックは水分減少を素早く補うためであり、キメを整えやすく予防にもつながります。

肌の水分不足はキメを荒くする原因になりますので、先ほど言いましたセラミドなどの成分が入った保湿力を高めてくれるものをたっぷり使いましょう。

スポンサーリンク

肌のキメがない原因

肌のキメがないのは気になるところでありますが、しかしそれには原因があります。日頃の生活の中でスキンケアだけでなく、コラーゲンの関係性、部屋の湿度が原因ではないかと考えられます。

もしどれか1つでも当てはまるものがあれば生活を見直していきましょう。

スキンケアで肌を傷つけている

クレンジングも洗顔も、保湿の一環ですが、大体はこの2つが肌を刺激や摩擦で傷つけている原因で肌のキメがない状態になっている可能性があります。

出来れば、こすらずに皮膚や汚れを除去するようにしましょう。皮脂に付いたホコリや汚れををそのまま残さずにして、肌が酸化状態になり有害な物質に変化し舞います。

肌荒れの原因になりかねませんので肌を傷つけずにすること。もし敏感に肌が反応する時にはコットンを使わず手で化粧水をつけましょう。

コラーゲンの減少

コラーゲンには真皮に潜むコラーゲン繊維やエラスチン繊維があります。しなやかさと弾力があるのは繊維が丈夫だからハリがあるのです。

しなやかさと弾力を維持するための役割がありますが、その支えが水分です。年齢と共にコラーゲンが減少にあたりインナードライが原因です。つまり肌の外から水分を蓄えるだけでなく、コラーゲンの生成も必要になります。

真皮の70%はコラーゲンであるため、繊維を保つための栄養素はタンパク質が必要であり、ハリ感を高めるための必要素です。

そしてキメを整えるために必要なことはインナードライを起こさないことも大切です。

肌のキメがない人ほど水!

先ほど説明したインナードライですが、タンパク質だけでなく日頃の生活で水を飲むことが重要であり、肌の保湿成分がコラーゲンです。

健康な肌を保つには必要な体内の水分が必要、コラーゲンだけでなく体内の水分も年齢と共に減少します。

インナードライを起こさないためには、コラーゲンを維持する目的でもある水を飲むことが大事になります。

水分不足が原因と考えられるので、毎日の飲み物を水に変えることも必要です。

部屋の湿度が低い

気温が下がることによって、空気中の水蒸気の量は減るので、冬は乾燥します。肌のキメがない人にはケアも必要と共に部屋の湿度も重要です。

低湿度では肌の乾燥による敏感さや肌のキメがないことが原因を引き起こし、サメ肌っぽくカサカサする影響が生じることがあります。まだまだ寒く湿度が低い乾燥シーズンには、湿度40〜60%を目安に加湿器を上手に使って肌を清潔に保てる環境にしていきましょう。

スポンサーリンク

そもそも肌のキメとは?

肌のキメがあるのは、うるおい、なめらかさ、ハリ、弾力、血色の良さとバランスが良いことです。なめらかでツヤがあり肌触りがよく、若々しく見えます。メイクのノリも良く、触るとふっくらと柔らかい感じです。

キメの細かい状態も、角質層のうるおいがポイントになります。保湿力を高めることと肌を傷つけないことが基本になりますので日頃のスキンケア、生活習慣を怠りなく原因にならないように注意しましょう。

スポンサーリンク

肌のキメ 遺伝との関係

肌のキメや毛穴の目立ち方など母娘で似ていることがあるそうです。骨格が似ていたり、顔の肌温度も近いことも出ているという結果です。

肌質の細かいところまで遺伝に影響していることは確かでありますが、肌質が良くも悪くも似ている傾向があるようです。

しかし成人したり結婚したりすると親元を離れますので、生活環境の変化でお手入れの仕方が変わると思います。遺伝の関係で肌質が悪くとも、適切なお手入れをすることで十分チャンスはあると言う事です。

肌がキメがない方、遺伝が原因にしないでスキンケアや生活習慣で十分に改善できますので安心して取り組みましょう。

スポンサーリンク

肌のキメがない原因とまとめ

肌のキメはない人に重要なのはスキンケアでは肌を乾燥させない、肌のバリア機能を保つ、紫外線対策をおこなうこと。そして原因でもあるインナドライを防ぐためにコラーゲンを保つ、水を飲む事です。

効率的な保湿ケアを行い日頃の肌ケアを実践しましょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました