化粧下地の塗り方!初心者の方がプロ並みにできる方法と豆知識とは?

スポンサーリンク
メイクアップ

簡単で初心者向けの化粧下地の塗り方、化粧下地でメイクしたてのきれいな肌をキープする大切なものです。

そして初心者の方は目的も知らず特徴も知らずにいますので、キレイにキープでるようにまとめてお伝えします。

スポンサーリンク

化粧下地を塗る意味とは

化粧下地は別名メイクアップベースと言います。化粧下地の目的は肌の表面がでこぼこしているためなめらかにして肌とファンデーションを密着させます。

肌を美しく魅せるために、肌をカバーする。仕上がりは自然なカバーと立体感があるかです。

肌をカバーするというのはシミ、そばかす、くすみ、目下のクマや日焼け止めに皮脂を抑制する目的にも使えます。

そのためには化粧下地の前のスキンケアもしっかり行うことも大切です。

スポンサーリンク

初心者がやってしまいがちな化粧下地に関するミス

化粧崩れの1つの原因は、塗り方以前に手順飛ばしが初心者の方に多い傾向です。

化粧下地はファンデーションのつき、化粧もちを長引かせる役割もあるため化粧する時に大事なアイテムです。

肌トラブルや肌タイプは人それぞれですが、化粧下地を選ぶ際に自分の肌に対して目的が違ったまま選ぶ人が多いです。

次の種類について書いていますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

化粧下地の種類

他に化粧下地は乾燥や紫外線から肌を守る役割もあるタイプもあれば、赤みをカバーするタイプもあります。

塗り方を覚える前に種類と特徴に合わせて選んでみてはどうでしょうか?

コントロールカラータイプ

しみ、そばかす、赤み、クマの色ムラを修正する化粧下地です。コントロールカラーとしての取り扱いができるものです。

  • ピンク:肌の血色を魅せる桃色に仕上げたい時。
  • グリーン:ニキビ跡や赤ら顔に悩んでいる人に。
  • ブルー:黄くすみをカバーしたい時に。
  • イエロー:肌のくすみ、色ムラが気になる時に。
  • オレンジ:目の下のクマが気になる時に。

初心者の方に注意してほしいことは、コンシーラとは違い部分で使うより全体的な肌悩みに対して使うのが効果的であり、自分の肌を分析して塗り方を覚えるとより良いです。

パールタイプ

ゴールドやシルバーのパールが配合された化粧下地です。ツヤ感を出したい時に使用するものでナチュラルに魅せる時に役立つアイテム。

透明感を出したい時にも使えるアイテムなのでつややかに魅せる光沢機能があるタイプです。

サンスクリーンタイプ

紫外線から守るバリア機能が高いタイプ。SPF PAの数値が高い化粧下地であり肌へのダメージ防ぐ成分が多めに配合されているもので春から夏は紫外線が強くなりますので、季節によって上手く使い分けることが大事!

初心者の方で外出が多めの方にはおすすめのタイプ。

オイルコントロールタイプ

皮脂を吸収する、皮脂分泌を抑制する役割がある化粧下地です。毛穴のカバーや表面のでこぼこをなくしサラサラにします。

皮脂による化粧崩れが気になる初心者やオイリー肌の方におすすめのタイプです。

スポンサーリンク

化粧下地の役割

化粧下地は肌をキレイに魅せる、肌をカバーをする役割があります。

キレイに仕上がるには肌トラブルに対してカバーできているか、違和感を感じずに自然体になっているか、フェイスラインに行くほど薄く自然な立体感があるかです。

初心者の方で塗り方の大事なことか「減厚調整」です。

顔全体に化粧下地を同じ厚みで塗ると平面的に自然体ではなくなりなす。自然に立体的に魅せるには部分によって厚みを調整することです。

厚く仕上げる部分

頬の三角ゾーン、額の中央、あごの凸部分

薄く仕上げる部分

フェイスライン、生え際、目元や口元、鼻周り

スポンサーリンク

プロが教える!長時間キープ化粧下地の塗り方

肌表面の凹凸を整え、なめらかにし、ファンデーションと密着させることで崩れにくくします。

種類と特徴がありますので自分に適したものを選ぶのは初心者の方は大事です。選んだら1からの順番で塗り方をやってみてください。

  1. 手に化粧下地を乗せ、適量に出します。
  2. 中指に化粧下地をとり頬の内側(三角ゾーン)に点在させて伸ばします。
  3. フェイスラインに向かって頬全体に伸ばします。
  4. 反対側の頬も同様に化粧下地を伸ばします。
  5. 額にも中央に化粧下地を点在させます。
  6. 生え際に向けて伸ばします。
  7. 鼻、口周り、目元に薄く伸ばします。
  8. ムラがないか確認して、ムラがあれば手でなじませます。
スポンサーリンク

初心者向け化粧下地の塗り方のまとめ

初心者向け化粧下地の塗り方のまとめとして。

  • 化粧下地は肌をキレイに魅せる、カバーの役目がある。
  • 種類で肌トラブル、肌タイプに合わせてカバーする。
  • 減厚調整で肌を自然に立体的にする。
  • 手順通りに減厚調整を意識する。

化粧下地はメイクの中でも最初のステップとして重要なアイテムです。肌トラブルや肌タイプにあったものを初心者の方はチョイスしてほしい、塗り方も含めて格段に仕上がりが変わります。

化粧下地は何にしようか悩んでいる初心者、選び方や塗り方を参考に、ぜひご自分にあった化粧下地を手に入れてキレイな肌を魅せてください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました