熱中症対策に必要な飲み物は水である 水は健康に良い一番必要な飲み物!

スポンサーリンク

暑い時期が続く中で熱中症対策には水は欠かせません。しかし現代社会ではお茶、甘いコーヒー、スポーツドリンク、ジュースなどで水分補給しているのが見かけます。

僕もコーヒーやジュースは大好きですが、熱中症対策を意識して飲んでいる訳でなく、水分補給は水を飲んでいます。水には様々な役割があるので説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

水はなぜ必要な飲み物なのか?

人の身体の60%は水に占められており、子供は80%をしめられています。

水の多くは細胞内に蓄えられていて、代謝などを行う際に使われています。人は10日水を飲まないと死ぬと言われているくらい命に左右されるくらい大事な液体なのです。

「きれいな水は健康のもと」とWHOがスローガンを掲げるくらいですから、水はどれほど生活シーンに必要かわかります!

特に熱中症対策のために水を飲む目的は、夏は気温が高く体内から水分が出ることを汗をかくと言いますが、体の冷やしたりする体温調節します。

そのため水を飲む必要があり、喉が乾く前にこまめにらないと熱中症になる可能性があります。

汗としてもそうですが、毎日大人は2ℓ以上体から排出しています。仕事をしたり、運動をしたりするとそれ以上に排出するため、特に夏は気温があるので水を飲むことは命の源です。

熱中症対策としては水を優先的に飲むことが健康維持のためです。ですから水分の質を上げる一番いいのは水です。

スポンサーリンク

美容と健康のための水

熱中症対策のための1つのポイントとして、朝目覚めた後、おやすみ前、のどが渇く前にこまめに摂ることが大事だと思われます。

発汗によって血液中の水分が減少した状態でいると、血液が濃縮し酸素や栄養素が行き渡りにくくなります。

そして身体が熱いと汗をかいて体温を下げ、水が不足すると体温調整が正常にできなくなり熱中症になります。のどが渇いた時には脱水症状が始まってますので渇く前に水分を摂るのがいいかと思われます。

熱中症対策だけではなく、水には肌にターンオーバーの正常化する助けとしての飲み物でもあるからです。

肌は生まれ変わりにより繰り返すことで新陳代謝が行われています。十分な水分にはコラーゲンを維持する働きがあるのでハリやしなやかさを保つ役割でもあります。

歳を重ねることに体内の水分が減少しやすいので、熱中症対策だけでなく美容や健康として飲むことは生きるための大事なことです。

スポンサーリンク

熱中症に水以外の飲み物は?

一般な水分補給だとお茶、コーヒー、スポーツドリンク、ジュースが浮かんできます。実際には水以外で水分補給をする人がほとんどです。

水以外で水分補給すると砂糖や塩分の濃度が高いと吸収の時間が長くなります。

利尿作用があるコーヒーに含まれるカフェインやアルコールも健康のための水分補給に適していないので、水をまずは補給することをオススメします。

水を選ぶ目的としては美味しいから、水は単純に美味しいからです。

できれば水への関心を高めて浄水器やウォーターサーバーをつけるなどとするのがおすすめですが、初期コストがかかるのでお財布と相談して最初はペットボトルのミネラルウォーターを飲むこともおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

水を飲むことによる熱中症対策、他のメリットは。

  • 体内の60%は水が必要。
  • 体内の水分は汗や尿で排出するため、水分補給が必要。
  • 肌のターンオーバーを助ける役割がある。
  • お茶やジュースは飲み物ではなく食べ物として扱い、水分補給には適しにくい。

水の豆知識の1つとして、風邪や腹痛などが起きた場合には薬を飲まれるかと思います。薬の説明書には水と一緒に飲むようにと書かれています。

その訳は嚥下(えんか)を助ける役割があるためです。お茶やジュースで一緒に飲まれる方がいますが、それは胃が負担かかるので水で飲む方が効果的に薬の役割が果たせます。

熱中症だけではなく、様々な役割がある飲み物は水。まずは健康を今すぐにでも意識できる飲み物です。

今の普段の飲み物から水に変えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました