美肌思考、洗顔のおすすめは泡である。毛穴汚れやシミを防ぐこととは?

スポンサーリンク
専門知識

洗顔には泡が大事です。弾力のある泡が美白なら透明感、保湿ならうるおい、エイジングケアならハリを与えてくれるからです。

洗顔を油断すると、毛穴の汚れやつまりによるニキビやニキビ跡のシミが影響します。

そこでなぜ、洗顔には泡が大事なのか僕なりの解説をしたいと思います。

スポンサーリンク

どんな肌質だろうが洗顔の目的は変わらない。

人は肌質によっては様々でありますが、目的と言いますか目指すものは変わらないと思うんです。

う・な・は・た・けという言葉について前にも書きましたが、意味においては

・うるおいがある。

・なめらかである。

・ハリがある。

・弾力がある。

・血色がない。

誰しもが目指しているものだと思います。

洗顔は我流でされている美容関係者もいる世の中ですが、僕はニキビに悩んでいた中でサロンの方にスキンケア方法を学びました。

ニキビに悩んでいた頃の実感としましては、毛穴のつまりによるニキビやニキビ跡のシミが目立つことでした。

その1つに洗顔の大事さを教えてもらい、商品がコロコロ変わる時期もありましたが、洗顔の仕方は変わっていないです。

それに美容と健康の情報雑誌にもほぼ同じような内容がのってあり、これはいいことだと思いまいた。

泡洗顔はすごい大事だと思いましたので自分の取り組みと感想など語っていけたらと思います。

洗顔前のクレンジングは男子も必要な理由。

洗顔を変えれば肌は変わる。例えばカサカサ肌や毛穴の汚れが目立つのもクリアに解消できると思います。

女性は特にそうですが、メイクアップをされて1日を迎え、夜になるとメイクを落とす習慣が普通ですよね。

メイクを落とすということは皮脂を落とすことと似ています。メイク、皮脂は油溶性なのでクレンジングは油を落とすということになります。

ということはメイクしなくても、男性もクレンジングをおすすめしたい。男性は皮脂量の分泌が多いことから、ウォッシングだけでは落ちていない可能性があります。

男性の洗顔のやり方としてはゴシゴシするのがイメージが強いですが、クレンジングも同様にゴシゴシすることはおすすめしません。

それは摩擦や刺激によって角層が傷つくのであまりしないでほしいやり方です。優しく丁寧にオイル、クリームをなじませてぬるま湯で落としましょう。

特にバリアの低下しがちな40代の肌は注意が必要があります。

きめ細かく泡は弾力ある仕上がりがベスト。

そもそも洗顔というのはホコリや汗の汚れ、古い角質を落とすための目的であります。

夜はメイク落としで残った汚れを取るためでもあり、朝は寝てるときに起きる皮脂分泌による皮脂を落とすためと布団のホコリを落とすための目的です。

毛穴の汚れやニキビ跡のシミが残したくない人は特に洗顔前の素洗いをおすすめします。

泡を立てるには石鹸用のネットを使用していきます。ネットを濡らして洗顔料をつけて泡を立てていき、少しずつ水を足していきながらやっていきます。

他に僕のやっている方法は小さいボールに水を少々(泡を立てやすい水量を見つけていってください)入れて洗顔料をボールの中に入れます。

そしてガーっと手で混ぜていき、混ぜていくうちにきめ細かい泡ができた完成。

そして泡をつけていきますが、泡で洗うときに気をつけなければいけないのができるだけ顔が手につかない程度に洗うことです。

摩擦や刺激を起こさないことが大事で、泡に圧を加える感じで洗うことが大事です。

もちろん水で洗われると思いますが、水の温度は30℃くらいで洗うようにしましょう。

ぬるま湯はほどほどに毛穴の汚れや皮脂が取れやすいものなんです。暑すぎると取れ過ぎたり冷たすぎると洗い残しやすかったりします。

すすぎ時間は洗顔の2倍くらいの時間で洗うことをおすすめです。

時間をかけることでふっくらとした肌になりやすいので質感を高めるためにしっかり行うことが大切です。

ちなみに面白い泡立て動画があるので見てみてください。これも参考にしてみては?


Cartoon Kat-tun-Jitsu Wa Boku-Actually I (1/3)

毛穴のつまりによるニキビの人、シミを何とかしたい人にはおすすめでやって欲しいことなので、実践してみてください。

洗ったら保湿を素早くするのがコツです。

手順として、洗顔後はうるおいを与えるために重要なことです。スキンローションで肌に水分を与えていくこと、成分を肌に与えて肌を整えること。

それを逃がさないために油分を与えて肌をバリアすることか重要で、保てる乳液やクリームもつけていきましょう。シミが気になる人は外出時のUVクリームも忘れずに。

そのようでは足らないと感じたら、保湿マスクやローションパックで肌ケア。乾燥気味な肌の人や毛穴の開きが気になる人は特に定期的にケアしましょう。

保湿マスクは1枚に対しての単価が高いものもあり、コストを下げたい場合はローションパックで集中保湿をするというのもいいかもしれません。

普段の愛用の化粧水をシートになじませて使用するだけなので簡単であり、ケアもレベル高くなりますよ。

5〜10分間のリラックスタイムを味わいながらの集中保湿はいかがでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

洗顔は人によってやり方は違います。ですが、間違ったと感じることは肌悩みができたことではないでしょうか。

伝えたことは洗顔方法を見直して、理想の肌に近づけることを目的に経験から学んだおすすめの方法です。

毛穴が気になる、シミが気になるなど肌悩みは人それぞれですが、まずは洗顔から始まることが伝わったらと嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました