角質ケアの頻度・顔の場合はどれくらい?正しい方法と注意点を解説!

スポンサーリンク
スキンケア

こんにちは!美容家ブロガーのkouheiです。

角質ケアは意外とされていない方が多いかもしれません。顔の透明感を引き出すために、そして肌のターンオーバーをスムーズにするために頻度にケアをするものです。

顔を整えることも重要になってくる角質ケア、特にピーリングには注意も必要なんです。正しい方法と注意点について解説します。

スポンサーリンク

角質ケアとは何をするもの?

角質ケアとはスキンケアなどのクレンジングや洗顔で落せていないもの、古い角質を落とすということです。

今までクレンジングや洗顔をしっかりしましょうと言ってきましたが、実際のところ顔のゴワツキは残ったままが多いのです。

化粧水の吸収の妨げになる

洗顔の後に化粧水をつける習慣は普通ですが、実際のところは妨げていることがあります。古い角質がたまると肌の内部に成分が浸透しなくなる恐れがあり、役割の意味のないものになってしまいます。

洗顔やクレンジングは毎日の頻度ですが、日頃のスキンケアが原因かもしれませんので一度見直しは必要。

ターンオーバーを整える

肌表面に古い角質が残っているとターンオーバーがスムーズにいかなくなります。

まずターンオーバーとは肌が生まれ変わっていってます。角質が垢となってフケとなって落ちていくに連れて繰り返しています。

生まれ変わるまで28日と言われていますが、角質がゴワついたりするのはターンオーバーが正常ではないからです。

透明感を得たい顔にしたいなら古い角質をとって、ターンオーバーを正常にする役立ちとして角質ケアをしましょう。

スポンサーリンク

顔をキレイに角質ケアは必要?

角質ケアが頻度に必要な理由は顔の透明感を得ること。働きとしてはターンオーバー・水分補給・保護機能の働きをスムーズにすることです。

古い角質除去をするために美しい顔作りには欠かせないケアです。

ピーリング

ピーリングとは角質ケアで、肌に残った古い角質を柔らかくして取り除く角質ケアの一般的なものです。グリコール酸・乳酸・りんご酸・クエン酸などのAHAと呼ばれる成分があります。

AHA効果で角質を除去していくことでターンオーバーを促進させ、顔をなめらかに整えるます。

ニキビの予防、くすみ・毛穴の目立つ肌・キメの粗い顔にもピーリングをより良い頻度で行うことで、キレイでうるおいある肌へと発揮します。

酵素洗顔

酵素洗顔は最近流出した洗顔で1つの「角質ケア」です。

酵素にはタンパク質を使って角質を分解する作用があります。古い角質や蓄積された皮脂やメイクの汚れによる毛穴詰まりといった顔にトラブルが生じます。

放っておくと肌のくすみや透明感が失われてしまいますので、「角質ケア」で普段の洗顔を酵素入りタイプにチェンジするのも良いでしょう。

スポンサーリンク

角質ケアの正しい頻度は?

角質ケアの種類はピーリング、酵素洗顔について紹介しました。説明した通り酵素洗顔については洗顔を変えるだけなので毎日の頻度です。

ピーリングは基本は週に1回ですが、商品によりますが3日に1回という人もいます。顔に古い角質が残っているとニキビや毛穴の開きなどの顔にトラブルが生じてしまいますので、毎日したほうがいいのではないか?そう思う方もいます。

しかしこれには理由があります。

ピーリングは毎日はいけない

ピーリングをすると肌の水分までも減少してしまいます。乾燥気味な方には注意する必要があり、毎日するとかえって乾燥を促進する可能性があるからです。

肌が荒れたり、敏感肌になったりするので頻度を守り計画立ててやりましょう。

肌が炎症を起こしたり、肌を削りになって逆効果なこともあり得ます。炎症によって生じた赤みやシミにまでなる危険もあります。自分の肌の状態と相談しながら頻度数を決めて行うことが大事です。

肌に悪影響がでた場合

ピーリングをしすぎたために顔のバリア機能が低下しています。洗顔はやさしく洗うことと刺激を与えないように。

化粧水、乳液などを保湿を高めて閉じ込めるようにしましょう。もし、顔がしみるような場合は、クリニック、皮膚科などの医療期間で相談しましょう。

洗顔にはスクラブや酵素などの洗浄力が強いものには注意して、メイクアップも弱った肌には負担がかかります。症状が落ち着くまでは控えましょう。

スポンサーリンク

角質ケアで顔を整えることのまとめ

角質ケアは顔をキレイに整えるための手段です。洗顔やクレンジングでは古い角質を取り除けない時にぜひやってみてみてください。

週1程度で頻度を守って角質ケアを行い、やりすぎないようにして自分の顔を管理して透明感を得てキレイを目指していきましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました