光老化の症状別対策で くすみを防ぐにはUVケアが大事な方法は何か!

スポンサーリンク
スキンケア

紫外線によるダメージで肌悩みの症状を受けたことを光老化と言います。

光老化は年中意識して何らかの症状が起こらないようにしなくてはいけませんし、油断もできませんので対策が必要。

光老化についての特徴や対策について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

光老化による症状はどこが受けやすいか

光老化というのは約80%による影響で肌にダメージを与えています。

紫外線がほとんどのダメージを与えていることになり、肌をいろんな症状から守るには紫外線のダメージを受けないようにしていく必要があり、光老化を防ぐ対策を練らないといけません。

光老化で気になる箇所は目尻とほお上です。顔の部位が一番気になる箇所であり、ダメージに気付きやすい箇所でもあるからです。

額は前髪で隠すことができるし、鼻は皮脂の分泌により目尻やほお上よりかはダメージが受けにくいことがわかるかと思います。

特にほお上は太陽光線の角度によって浴びやすい箇所であるため、光老化のダメージを受けやすいのはほお上なので、あらゆる症状からほお上や目尻を守るのが老化を防ぐ対策を取らないといけません。

スポンサーリンク

光老化でくすみが進行する理由

冬の季節は乾燥しやすいですし、紫外線をまともに受けるとより乾燥します。

光老化によって肌の症状の1つがくすみです。紫外線によって乾燥すると角質が剥がれにくくなり透明感が失われ、ターンオーバーが正常にならなくなることもあります。

そして光老化は炎症を引き起こし、メラニンがうまく排出しないので全体がくすみになりやすいです。

光老化対策で大事なことは、肌の水分補給が大事。他にもより保湿を高めるフェイスパックやビタミンC誘導体などの抗酸化作用、美白成分が配合された美容液をしようすることです。

光老化を防ぐには紫外線から守らなくては肌に症状がもたらしますので、外出時の対策はUVケアも重要。

スポンサーリンク

光老化から守るUVケアによる対策法

光老化による症状を起こさないためにはUVクリームを塗ることが重要な対策案です。

ただクリームを塗るだけではほお上や目尻を守ることができません、効率よくシミやくすみといった症状を抑えるためにはしっかり塗る必要かあります。

UVクリームと言ってもいくつか種類があり、自分にあったものを使用することが光老化を防ぐ適切なことです。

  • CCクリーム(色補正効果でシミやくすみをカバーする。)
  • BBクリーム(汗や皮脂などの崩れにくい、カバー力がある。)
  • ファンデーション(カバー力とUVカットのバランスがいい。)
  • 日焼け止めクリーム(UVカットが高い、色合いがなく素肌にいい。)

4つのクリームで光老化防止し対策を練りましょう。

1)一番厚く塗らないといけないのは、ほお上であり中指と人差し指にクリームをつけて顔の内側から塗るのがいいです。

そして徐々に顔に広げて塗っていきます。

2)両手で鼻を優しく塗っていき、額を薄く伸ばして、まぶたの周りを目に入らないくらいに塗っていき、最後に口角の周りを塗っていきます。

3)手についた残りのクリームは塗り残りで外側に伸ばし、ムラのないようにする。

シミ消しや毛穴のカバーはリキッドファンデーションで、首は日焼け止めクリームで塗る。

素肌な感じでいたいか、カバーでキレイよくケアしたいかはクリームのタイプを解って選ぶのが大事、シミやくすみと言った症状から守るだけでなく、楽しくスキンケア、メイクも楽しめるように工夫して過ごされてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

光老化から肌を守ることについて書きましたが、おさらいとしては。

  • 老化の80%は紫外線から。
  • ほお上がダメージを受けやすい。
  • シミやくすみの症状の防止は保湿とUVクリームを塗る。
  • 自分に合ったUVクリームを見つけてムラなく塗る、ほお上は厚く塗る。

季節や場所によっては紫外線の数値が違うこともあるので、しっかりUVケアをして光老化に負けない対策をしっかりして過ごされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました