肌タイプは4つの種類見分けられる!わからないあなたでもチェック出来る

スポンサーリンク
専門知識

こんにちは!美容家ブロガーのkouheiです。

自分の肌タイプの種類がわからないことによって、お手入れがどうしたらいいかわからない、そしてスキンケア化粧品は選ぶのに迷うこともありませんか?

わからない人が肌タイプがわかれば、皮膚の状態や季節の対応できて、健康状態まで管理出来るようになります。肌タイプについて解説します。

スポンサーリンク

肌のタイプは4つの種類に分けられる

肌タイプがわからない人は確実なお手入れをする前に、まずは肌の分析からしましょう。

肌タイプは肌の水分量や皮脂量で左右されます。

水分量多く皮脂量が少ない→普通肌

水分量少なく皮脂量が少ない→乾燥肌

水分量少なく皮脂量多い→混合肌

水分量多く皮脂量多い→脂性肌

4つの種類の肌タイプに別れられます。誰でもですが普通肌になりたいと思いますが、他の肌のタイプはどうなのか?1つ1つ説明していきます。

スポンサーリンク

安定的肌タイプ【普通肌】

普通肌って何?わからない?と思うかもしれませんが、肌タイプの種類がある中で誰もが憧れるのが普通肌です。

実際に肌を触っていく時に、みずみずしくベタつかないのが特徴です。

肌タイプで安定しているのが普通肌で、皮脂と水分のバランスが整っていることと、ニキビやカサカサが起きにくく、バリア機能が働いていて外部からの刺激を影響されにくい健全な肌である状態です。

安定肌タイプの注意点とポイント

肌が安定しているとはいえ、スキンケアや習慣を怠っていると肌トラブルになる可能性があります。日頃の習慣を保っていきましょう。

普通肌で出来ることは新しいスキンケア化粧品や美容機器を試すのに適しているにでテスター商品など使用して好みを見つけるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

カサカサ肌タイプ・【乾燥肌】

自分の肌の状態がわからない?肌を触ってみてかさつきやサメ肌っぽいと感じていたら乾燥肌かもしれません。

水分も皮脂も少ない状態で、自らうるおう力にかけたかさつきが気になること。歳をとることに乾燥の傾向があり、皮脂腺が小さい・毛穴がほとんど目立たない・キメも細かい肌でありますが、バリア機能が低いのによってなりやすい。

乾燥肌の方は水分と皮脂量が不足しないように注意が必要。

カサカサ肌タイプの注意点とポイント

水分と油分両方が不足している状態で、スキンケア化粧品は水分と油分両方バランスよく補給することが大事。

カサカサ肌には刺激や摩擦に注意してやさしくスキンケアをしましょう。

スポンサーリンク

ベタベタ肌タイプ・【脂性肌】

脂性肌という肌タイプがわからない?肌を触ってベタベタしたり、毛穴が大きく目立つ、テカリが気になることありませんか?

水分・皮脂が多く特に皮脂が多いのが脂性肌。

うるおいはあるが、毛穴の詰まりや毛穴の開きでニキビになりやすいのが特徴です。そして皮脂の汚れが原因で肌トラブルをも起こしやすいのもあります。

ベタベタ肌タイプの注意点とポイント

丁寧な洗顔はもちろん、毛穴を引き締める効果があるものを使うこと。そして皮脂を抑える化粧品を使うこともおすすめです。

洗浄力が強いものを使うことはいいですが、使いすぎると保湿力の低下しやすいので注意しましょう。

食生活で脂っこいものや甘いものを取りすぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

箇所で違う肌タイプ・【混合肌】

肌タイプの種類で1番わからない?と区分しにくいのが混合肌です。なぜなら乾燥しているし、皮脂が多いことから混合しているから。

部分的に差が大きく、Tゾーンは油っぽいのに対し頬はカサついていることです。20代後半から30代前半に起こりやすいのが特徴。

水分と油分のバランスの崩れから部分的にバランスが低下して、極端な肌状態でいるために肌質をコントロールしにくいです。

箇所で違う肌タイプの注意点とポイント

おでこ・鼻・顎のTゾーンには化粧水をたっぷりつけて乳液やクリームは控えめにしていきましょう。

カサカサしている頬には乳液やクリームを多めにつけるなど肌状態に合わせて調整してスキンケアを行っていきましょう。

スポンサーリンク

肌タイプがわからないためのまとめ

4つの種類の肌タイプはどれかわかりましたか?最初はわからないですが今回の記事を読んでわかってもらえたら嬉しいです。

4つの種類の肌タイプは水分量・油分量で左右されます。

水分が少ないと感じる時はつっぱり感・カサカサする・化粧のノリが悪い・キメ細かいのが特徴であるのに対して油分が多いと感じる時はテカリ・皮脂をたびたび取らないといけない・毛穴が目立つ・ニキビができやすいのが特徴。

わからない人でも店のカウンセリングで機械なので測って判断してもらうのもいいですし、自分で水分量を測れる計測器もありますので使うのもありです。

計測器についてしりたい方はこちらからお願いします。

わからない人でも肌タイプの種類を見極めれたら健康でキレイな肌を手に入れれるでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました