肌の劣化は何歳から?防止と改善で大事なことをお話します!

スポンサーリンク
健康習慣

こんにちは?美容家ブロガーのkouheiです。

肌の劣化はいつか気になるものです。何歳から起こるんだろう?悩んでいる方もいるかと。そして防止や改善が気になる人に向けて大切なことをお伝えします。

スポンサーリンク

肌の劣化は何歳から?

肌の劣化は誰にでも気になることですが、人によっては基準とタイミングは違います。年代によっては肌の変化で気づく人が早い人や遅い人もいますし、肌の劣化の原因で余計に出ます。

30代から肌の劣化・40歳から肌の劣化・50歳から肌の劣化、何歳からという具体的な決めつけはなく肌のサインで決まり、タイミングに気づくかどうかです。

肌の劣化するのは何歳から?気になる方に年代別で肌の変化とタイミングを解説します。

肌の劣化のサイン【30代】

肌の劣化は30歳からなんですか?そんなことはありません。人によっては基準とタイミングは違いますので気にしたらお手入れや習慣を変えればいいことです。

30歳から肌の劣化サインはコラーゲンの減少です。肌のハリや弾力のもとに女性ホルモンは安定していますがコラーゲン生成力が減り始める年代であります。

肌のハリや弾力が衰えるのが1つのサインであり、肌のカサカサ感が気になり乾燥肌になりやすいのです。

そして2020年最近は30代の肌悩みNo.1はシミです。なぜならUVクリームやファンデーションがしっかり塗っていない方が増えて、外出しやすい年代だからです。

歳をとれば肌の衰えが出始めるのは普通ですが意外なところにも落とし穴がありますので、日頃の習慣に注意が必要です。

肌の劣化のサイン【40代】

40代からホルモンバランスが乱れてしまうことで、コラーゲンの減少はもちろん、表情筋が衰えてきやすく30代よりハリの低下が見やすい傾向。

さらに保湿力低下にも現れやすく乾燥しやすいことと、ターンオーバーの機能も低下しやすいです。

足りない栄養素はサプリメントで補ったり、表情筋のトレーニングやマッサージを行うように改善するといいでしょう。

肌の劣化のサイン【50代】

肌の劣化は歳を積み重ねることに起こるサインでありますが、50代のサインは更年期に伴い女性ホルモンが低下が一気に起こり、シワ・たるみが本格化します。

表情筋の衰えとターンオーバーの遅くなることで血行不良が起こります。

体を温めて新陳代謝を促して、軽い運動や筋力トレーニングを行い習慣化していきましょう。シワ・たるみが本格化したとサインが出た時は、スキンケア化粧品や見直しや改善も必要です。

スポンサーリンク

肌の劣化の原因は?

肌の劣化の原因は乾燥・酸化・紫外線です。

外からの刺激で肌の劣化は加速していき、何歳から?と気になるうちに肌はどんどんダメージを受けてしまいます。

悪影響を与ないようにするために知ってほしい乾燥・酸化・紫外線の3つの要因を解説します。

肌の劣化の原因【乾燥】

肌の劣化は何歳からと年代別のサインを解説していきましたが、肌の劣化に関わる原因は乾燥してしまうことです。

乾燥すると肌がくすんで見えたり、肌触りもカサカサしたり、化粧のノリが悪くなったりするので女性にとっては避けたい悩みです。

肌の構造が崩れやすくもなりますのでシワにもなりやすいく変化しやすいので乾燥させない肌作りが肝心です。

肌の劣化の原因【酸化】

酸化とは酸素が結びつく働きのこと。てつが錆びたり、りんごが茶色に変化していることが例えとしてわかりやすいでしょう。

肌の劣化は酸化が関係しているのも原因です。別名肌のサビとも言われますが、紫外線によってフリーラジカルが発生して肌に攻撃を受けると過酸化脂質へ変化します。

酸化によってコラーゲン繊維がダメージを受けて、ハリや弾力を低下してしまいます。原因は食生活・ストレス・紫外線・大気汚染・過激なスポーツがです。

いったん酸化が始まると連鎖が続くので早めの習慣の見直しが必要。

肌の劣化の原因【紫外線】

老化の80%が紫外線だと言われている中で、肌に深刻な原因を与えています。肌の劣化でシワ・たるみによって悩まされており、肌の水分が急激に奪われることが原因だと考えられます。

紫外線によって肌に悩んでいることは多く、かさつきやくすみにも影響をも受けやすいので外出時は肌をガードする改善も必要ですね。

スポンサーリンク

肌の劣化を防ぐ方法・改善

肌の劣化はシワ・たるみ・乾燥がほとんどです。30代からでも40代からでも肌のサイン、タイミングで気づきがあり人によっては様々です。

出来れば早いうちに肌の劣化を防ぐようにしたい。何歳からと気にするよりも防ぐことの方が大事ですね。いますぐにも出来る、肌を劣化を防ぐ方法と改善をお伝えします。

UVクリームを塗る

紫外線は肌に浴びすぎると乾燥気味になり、コラーゲン繊維にダメージを与えてしまいます。ごわつきやカサカサしたりすることで乾燥し、肌の中の水分が減少したりするからです。

そのため、UVクリーム、ファンデーションなどを薄くでもいいので塗ること。30代の肌悩みでシミがNo.1になっているくらいなので外出時は塗る習慣化しましょう。

もし、クリームやファンデーションのノリが悪い場合には塗らなくてもいいですが、日傘をさす、サングラスをかける、マスクをするなど肌を守ることを行うことも大事です。

必要な栄養素をとる

不規則で偏った食事は、体調不良や免疫低下を招き、肌の劣化となってしまいます。先ほどの肌の劣化は酸化が関係しているのもと説明していますが、食生活もすごい関係しています。

逆に肌を劣化させない栄養素はタンパク質と食物繊維・ビタミン・ミネラルが大事です。

肌を劣化させない栄養素についてまとめた記事があるので詳しくはこちらから

代謝をあげる

代謝不調になると血行不良になり、肌の劣化に様々な変化をもたらします。

代謝を上げる改善としては、入浴をしたりマッサージをしたりするのがおすすめです。

リンパと呼ばれる菅が体内を網羅してしてしまうためにリンパを刺激する感じでマッサージをすると余計な水分と老廃物を排除して体内のデトックスがスムーズになります。

スポンサーリンク

肌の劣化の原因と改善のまとめ

肌の劣化は何歳からと悩んでいる方がいますが、人によって年代によって気づきやタイミングは違います。

年代別でサインは気付きにくいですが、乾燥しているか?代謝が悪くなってきているかなど感じたら気をつけましょう。

日頃の生活で、乾燥・酸化・紫外線に気をつけていき、生活を改善できたらもっと良い肌へと変わるでしょう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました