肌断食でニキビ跡は改善する?効果的なやり方と増やさないためにすること

スポンサーリンク
専門知識

こんにちは!美容家ブロガーのkouheiです。

肌断食を行う時、ニキビ跡を改善したいということを思っていたり、行動している方がいます。肌断食で効果を得るには効果的なやり方とメリットやデメリットを知った上で始めるのが良いです。

肌断食で成功している方にはしっかりと考えて行っているのでニキビなどの効果が発揮しています。

肌断食で成功するためにやり方、メリットやデメリットを解説します。

スポンサーリンク

肌断食の効果的なやり方!

肌断食とはスキンケア化粧品を何も付けずに素肌のまま放置しておくことです。

何も食わずに体の健康を促進目的の断食というものがあります。それは体の老廃物を取り除くことでデトックス効果として行うものです。

肌断食も似ているところがあり、肌のデトックスみたいなものです。そこで今回は肌断食で効果的なやり方を説明します。

ニキビ跡は特にメイクもやめる!

肌断食は化粧品を付けないことです、なのになぜメイクをつけるの?となります。メイクで可愛く仕上げたい気持ちはわかりますが、ニキビの原因はメイクかもしれません。メイク用品による刺激などの原因で肌が敏感に出てきている可能性があるからです。

1週間〜1ヶ月試しにメイクをせずにいてニキビ跡の効果が出てくればメイク商品が原因だと考えれます。

メイクはまずやめてみることをおすすめします。

ニキビのは腸内改善を専念する

ニキビ跡が気になる方が共通していること!それは、ファストフード、お菓子などを食べていることで腸内が汚れていること。

体に悪い食事を繰り返すと「悪玉菌」が発生します。「悪玉菌」が増えると

  • 下痢や便秘がしやすい
  • アンモニアの有害物質が発生する
  • おならや便が臭くなる

その逆の働きをしてくれる「善玉菌」を腸内に増やすことが重要。「善玉菌」を優勢にすることで

  • 腸の活動が活発になると下痢や便秘がしにくい。
  • 有害物質を排出がスムーズになる。
  • 免疫力向上になる。

年齢と共に減少しやすいので食物繊維、乳酸菌をとること。ファストフード、お菓子は依存性高いものなので急にやめることは難しいので、徐々に減らしつつ食物繊維、乳酸菌をとることが肌断食をより効果的なことです。

外出は避ける生活にする!

肌断食は肌に何も付けないことであり、外に出ると紫外線には避けれません。出きれば外に出ない方が良いですが、どうしても出ないといけないこともあります。

その時はマスクを付けて、サングラスを掛けて、日傘をさして外出をすること。

外出がどうしてもしないといけない時には、肌断食は夜だけなどして無理にしないのが効果を妨げないことなります。

スポンサーリンク

ニキビ跡大量発生注意!

肌断食を始める理由としては、ニキビ跡をなんとかしたい理由ではじめてしまった方が多いのではないかと。逆に肌断食を始めた時に、ニキビが増えた人もいます。

一体何が原因なのか?それはストレスです。ストレスを感じて肌断食が逆効果になってしまったことについてまとめます。

コスメの心理効果が逆効果な事も

メイクはもちろん、スキンケアには心理作用があるからです。肌断食には満足感、幸福感を得れないことで逆効果になることがあります。

肌断食でニキビ跡を改善できた時には自信につながりますが、効果のほどは時間がかかることがあります。

メイクアップ、スキンケアには気分転換、ストレス緩和、自信回復、積極性の向上が心理作用に当たります。肌断食には継続力が必要になりますので、ストレスが肌に影響するなら、逆効果なら肌断食はやめた方がいいでしょう。

ストレスは肌断食に向いてない

ストレスはニキビはもちろん、肌の大敵です。メイクアップやスキンケアを使用しないことでも発生すると書きましたが、ストレス自体は肌断食に向いてないと考えられます。

私たちは健康を保つためにバランスをもとうとします。これを「ホメオスタシス」と言います。つまり心を保とうとすること。社会的なもの、生物的なもの、化学的なもの、物理的なもの4つのストレスによって心が乱れます。

ホメオスタシスが乱れることでストレスを感じますので、毎日の生活でストレスを感じ、肌に敏感になる方は肌断食に向いていないです。

スポンサーリンク

肌断食のメリット、デメリット

ニキビ跡改善の手段として肌断食。効果を発揮するための説明とストレスが向かないことを書きましたが、肌断食にはメリットな部分、デメリットな部分が挙げられます。

コストがかからない!

肌断食とはのメリットはコストがかからないこと。スキンケア、メイクアップはプチプラ〜デパコスと価格は幅広い中、1円もかからずに始めれるのが肌断食の良いところ。

肌トラブルが起こりにくい

ストレスで肌トラブルはありますが、化粧品に対する肌トラブルを避けれるということがメリット。ニキビが増えたり、赤みができたりする原因は化粧品そのもの。つまり「肌に合わない」サインが出たということになります。

刺激や体質でスキンケア化粧品が使えない場合は肌断食をするのが向いています。化粧品をチェンジしてニキビや赤みが出てきたらまずは化粧品を使うことをやめるのが良いです。

必ず中止して肌断食する→それでも肌がおかしい場合は皮膚科などの医療機関に通うのが良いです。

ストレス

メイクはもちろん、スキンケアには心理作用があり、メイクアップ、スキンケアには気分転換、ストレス緩和、自信回復、積極性の向上が心理作用があるため、コスメ好きの方がやめるとストレスになることがあり、デメリットです。

ホメオスタシスが乱れることでストレスを感じます。心のバランスを保つのが難しくて肌に敏感を感じる人には難しいかもしれません。

バリア機能ができない

うるおいよくなめらかにするためにスキンケアで肌の外から水分を与えていましたが、それができないことがデメリットです。カサカサしてきたら直ちにやめましょう!

紫外線に対するバリアもできないので、外出時はマスクを付けて、サングラスを掛けて、日傘を付けて出かけましょう。

ニキビ跡も含め何も付けない分、外部からのダメージを与えないような生活を送ることが大事なポイントになります。

スポンサーリンク

肌断食でニキビが悪化した場合は!

肌断食で効果が出ず、ニキビ跡などが悪化した時は皮膚科、医薬品を使うのが手段です。

肌断食でニキビ跡が増えた時は皮膚科などの医療機関を頼って、適切な指導や治療を受けるようにしましょう

スポンサーリンク

肌断食の効果とニキビ跡のまとめ

ニキビ跡を防ぐための肌断食。効果を高めるために腸内環境を整えたり、外部のダメージを与えないような生活を送ること。

ストレスで肌にトラブルが起きやすい人は肌断食はおすすめできません。そしてUVクリームで紫外線カット、うるおいを保つために化粧水をつけるない肌断食。ニキビ跡などの肌悩みには良いですが、肌質をあげる目的には向かないです。

肌断食を行う場合はストレス、生活シーンに合うかどうか考えて見て始めてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました