顔全体の肌荒れの原因とは?冬の対処法のポイントはうるおいだった

スポンサーリンク
肌悩み

寒い時期になっていくと肌が敏感になっていき、肌荒れが目立って困っているのでは無いでしょうか?

原因のひとつ冬になるとヒリヒリしたり、かさついたりしたり、寒さのストレスでニキビになったりと顔全体に影響が出ます。

肌荒れも含めて冬の季節は体調も崩れやすく、寒い時期は特に気をつけたい肌荒れ。冬に結構見落とすのが原因で顔全体を見渡すといつの間にか乾燥肌という人もいます。

冬の過ごし方や顔全体にとって大事なことを伝えていきたいと思います。

スポンサーリンク

冬に気をつけなければいけないこと。

 

肌荒れは人によって様々で、特に乾燥肌の人は今の冬の季節には厳しい季節です。

原因のひとつにある冬、湿度が低い状態に顔全体の水分が足りない状態で迎えるとカサカサしたり、ヒリヒリしたりします。

スキンケアの商品を選ぶよりも、まず自分の肌の状態と原因を追求しなければいけません。

冬が原因である湿度の低下、体の体温の低下による新陳代謝が原因によりターンオーバーの乱れが発生します。

放っておくと、しわたるみにつながり、なってしまっては後からのエイジングケアが大変なので、今のうちに顔全体のうるおいを与えましょう。

スキンケアは自分の肌状態に合わせる。

 

人の肌には特徴が違いますので、自分の肌を理解する必要があります。

例えば乾燥肌の人は肌に水分を与えてしっかり水分を閉じ込めて保湿を専念するのが一番です。

シミが気になる人は美白を意識したスキンケアを使用して自分に合ったスキンケアを選ぶのが大事です。

ニキビにお悩みの方は医薬部外品の専用スキンケアを使用するなど当たり前な話ですが、案外違った選び方をする人もいるんです。
例えば、僕みたいな脂性肌の人は乾燥していると気づきにくい、過剰な皮脂の分泌は毛穴が開いていたり、皮脂が肌バリア機能としての役割もあるのでカサカサしたりしません。

なので肌の水分量の少なさに気づきにくいことがあります。

脂性肌の人は冬になると皮脂が過剰に出やすくなりますので、肌の水分量を補い毛穴を引き締めるスキンケアを使うのがいいです。

冬は特に水分量を補ってうるおいある肌作りを目指しましょう。

体を冷やさないようにしましょう。

 

肌荒れの原因として冬の原因のひとつに体の体温が低いこと、血流が鈍くなり冷え性になったりする人がいるのではないでしょうか?

血流が悪いと栄養が肌に運びにくくなり肌バリアの低下になりやすいので、体の冷えを改善するために血流を改善する必要なことは暖かい服装にすることも大切です。

オフィスでの作業をする時はひざ掛けの座布団を使用したり、外出時は手が冷えやすいので手袋をしたり、ポケットにカイロを入れるといいかもしれません。

そして、もちろん飲み物は暖かいものを飲みましょう。

体をより温めてくれるものでしたらローズマリーというハーブティーをオススメします。

ローズマリーは体を温めてくれる効果もありますが、そのほかに記憶力の向上の効果もあるそうです。

冬は試験シーズンで頑張っている方には特に、ポカポカなローズマリーを飲んでみるといいかもしれません。

冷え性による血流改善には入浴が最適であり、入浴には疲れをとる効果があるのでリラックスを感じることができます。

ただし、湯の温度は38〜40℃が効果的です。

それ以上の温度だと交感神経の働きを活発にさせるため、体温が上がると眠れなくなることもありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

季節によって肌が状態が変わるので顔全体の肌を知っておく、そして肌は正直なので、お肌だけではなく体全体のどこかにも原因があります。

うるおいある肌にポカポカした体が理想なので、冬だからこそしっかりケアをしていって、冬を楽しんでいけたらいいと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました