日焼け止めは冬でも塗るのが一般的!顔のガードのための日焼け止め豆知識

スポンサーリンク
スキンケア

冬場はウインタースポーツや雪遊びして過ごされるますが、日焼け止めは冬でも塗ることです。冬は日焼けしないと思はれますが、必ずしもそうではなく顔は日焼けするからです。

冬でも日焼け止めが必要、冬でも塗ることには訳があるので、日焼け止めは冬でも塗ることをお伝えしたいと思います。

日焼け止めは数値や場所で使い方が異なります。ですが冬でも塗るのとはお顔を守るためでもあります。

スポンサーリンク

日焼け止めは冬でも塗ることが大事なわけとは?

日焼け止めを冬でも塗る理由は紫外線から守るため。紫外線 別名光老化とも言いますが、約80%顔が紫外線によるダメージを受けています。

皮膚の中の細胞のダメージやコラーゲン繊維やエラスチン繊維が変異します。これが次第にしわやたるみになります。このことを生活紫外線とも言いますが、普段の生活で顔に紫外線が当たりますので日焼け止めは冬でも塗るのが大事になるのです。

もう1つは肌の水分が減少されること。顔が赤くなることが誰でも経験ありませんか?

紫外線に当たり顔が赤くなると水分の現象が始まり、ごわつきやカサカサしたりすることで乾燥します。特に冬は湿度が低いので余計乾燥します。この紫外線はレジャー紫外線と言われており、炎症が進行すると皮膚の病気にもなりますので、日焼け止めは冬でも塗るのが大事になってきます。

月ごとには7〜8月が紫外線が増加し、12月は減少します。しかし日焼け止めを冬でも塗ることをおすすめするのは雪が積もった時は要注意です。

雪は反射率が80%!紫外線は太陽から放たれるものであり、チリやホコリが散乱されたり、雪は1番反射されるので日陰にいても日焼けします。日焼け止めを冬でも塗ることはそのことです。

スポンサーリンク

日焼け止めはサンケア指数が大事!

日焼け止めは冬でも塗ることは紫外線は弱いが反射して顔が炎症を起こしやすいことです。

日焼け止めクリームを見てもらえばわかりますが、SPFやPAといったものはあるかと思います。これは紫外線が顔に影響するわかりやすいものです。

SPEというものはUV-B(生活紫外線)により赤くなってヒリヒリしたり、日焼け止めがどのくらい時間を伸ばせるか数値で表しています。

例えば、25分で肌が赤くなると言われており(日本人の場合)、SPF50と書いてある日焼け止めクリーム。

赤くなる時間×SPF数値=赤くなる時間を防ぐ時間。このように計算してご自身が使ってるクリーム、ファンデーションがどの時間まで防ぐのかとわからなくてはいけません。

例で計算すると

25分×SPF50=1250分  約20時間

このように肌が赤くなることを防ぐ目安時間は約20時間だと答えが出ます。

 

PA(Protection Grede or UV-A)、UV-A(レジャー紫外線)をどれだけ防止できるが、PAは数値ではなくプラスで表示されます。

  • PA+  (UV-A防止効果がある)
  • PA++(UV-A防止効果がかなりある)
  • PA+++(UV-A防止効果が非常にある)
  • PA++++(UV-A防止効果が極めて高い)

数値が高ければ高いほどUV-Aの防止効果が高い。

スポンサーリンク

冬でも塗ることで顔を守る!適切な日焼け止めの使い方

日焼け止めを冬に塗ることは大事なことでもありますが、冬でも環境や場所によっても大事になります。

人によっては肌が赤くなったり黒くなったりとしやすいと個人差はあり、日常生活(散歩や買い物)ではSPFやPAの数値は低くても構いません。

海外リゾートや海や山でのスポーツは冬でも塗らないと日焼けしてしまいます。数値の高い日焼け止めクリームを塗るのがベスト。

表示されている数値が発揮するためにも3時間おきに冬でも塗ることをおすすめしています。

スポンサーリンク

顔に影響出ないように日焼け止めは冬でも塗ることのまとめ

日焼け止めを冬でも塗る理由としては

  • 冬でも雪での反射やホコリなどで散乱される!
  • SPFとPAを理解する。
  • 冬でも環境と場所でSPFとPAの使い分けする。

冬でも紫外線をガードしないと顔が赤くなったり黒くなったりして、乾燥やしわやたるみに影響します。顔に炎症を起こさないように日焼け止めは冬でも塗るように心がけましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました