美容資格の最高峰の日本化粧品検定の魅力と独学で合格するコツとは?

スポンサーリンク
その他

美容資格の最高峰の日本化粧品検定は美容雑誌、ネットで見るほど人気度がある資格です。

資格取得に向けて独学で勉強して、日本化粧品検定を合格してコスメコンシェルジュになりたいと勉強に励んで頑張っている人に向けて日本化粧品検定とは何か、合格するにはどうしたらいいか語っていきます。

スポンサーリンク

美容資格を独学で励む前に日本化粧品検定とは?

美容資格の最高峰とまで人気が上がった日本化粧品検定。

受験者は2013年から2019年までに14回検定試験を開催されて右肩上がり、2019年受験者数は47万人を超えました。

年齢層は20〜30代が70%以上占めており、男性女性の比率は9:1です。

受験される動機としては「美容やコスメの知識を深めたい」、「美容やコスメに関わる仕事に役立つと思った」が一般の動機。就職や現在の仕事に役立つために独学で学ぶ人もいれば、自分の肌をきれいにすることはもちろん、興味や趣味で美容資格を取ろうと独学でされてる方もいます。

日本化粧品検定は美容を学ぶものであり、スキンケアやメイクアップ、化粧品の成分など安全性や正しい知識を高めるための挑戦の場です。

化粧品良し悪し関係なく、成分や働きをしっかり見極めていくよう公平な判断で学び、使う、教えることが大事になります。

美容資格の最高峰にまで支持の高い信頼を得たのは、検定に合格をしてコスメコンシェルジュを取得してプロフェッショナルな方が生まれ続けてきた日本化粧品検定の活躍があるからです。

独学で目指される方はプロフェッショナルを目指して!

ちなみ受験料は

 

  • 2級:6,000円(税抜き)
  • 1級:1,2000円(税抜き)
スポンサーリンク

独学で美容資格に合格するには図と表をテキストを見ずにかけるのが大事

美容資格のコスメコンシェルジュを取得するには1級を合格することです。1級から受ける人は少なく2級から受ける人が一般的、なぜなら1級は2級の問題も含まれています。

合格に向けての結論は、2級は肌の断面図を書けるように、1級は愛用の化粧品の成分などの表を書けるように、もう一つ言えることは愛用の化粧品の成分表を調べてみることがポイントです。

なぜならどんな問題の出され方にも対応でき、愛用の化粧品の成分を調べてまで独学の方は熱心でない人がほとんどなので差別化しやすいからです。

言える根拠はコスメライセンススクール講師の方のアドバイスや、コスメコンシェルジュを取得した経験を生かして、これから独学で資格取得に向けて頑張る方にコツを説明します。

2級は肌の断面図を書けるようと肌悩みの図を丸ごと書けることが独学で受かりやすい

2級と1級は内容が異なります。2級は皮膚の構造、肌悩みの原因とお手入れ、メイクアップ、生活習慣をメインの美容の資格であります。

2級は自分の肌をきれいにするための知識が得られる内容です。

検定を受けなくても、自分の肌のために改善をしたい。自分の肌を知る勉強でも役に立つコスメの教科書でもありますし、2級は自分の生活のために独学で学ぶだけでも全然良い役立つ美容本として扱える本です。

日本化粧品検定2級は皮膚や肌についての問題が多いのが特徴です。

皮膚や肌の問題、肌悩みの問題を間違えるともったいないので、独学で学ぶための重要なポイント2つあります。

 

  • 表皮の図や基底膜の図、真皮の図を書けるように覚える。
  • 肌悩みの原因とお手入れ方法が記載されている表をまるごと書けるように。

重要なのは絵心なくて良いので、図をテキストを見ずに描いて覚えることが独学で学ぶポイントです。

なぜなら問題の出され方が表や図で出される可能性があるからです。他の問題も大事ですが、皮膚の構造図と肌悩みの問題が基本、美容は皮膚の役割を知ることが大事だからです。

マークシート方式ですが、皮膚の構造や肌悩みの表や図を見慣れていれば問題が解けやす位からです。

2級を受けられる方は参考にしてほしいのと、3級はスキンケアの間違ったやり方や基礎知識、対処法が記載されています。

3級は2級のテキストに数ページあり、検定には数問出されますので、目を通す程度で構いませんが、できることなら実践してみることをおすすめします。

1級を独学で挑むには、愛用の化粧品の成分表を調べることで美容資格の近道になる。

1級はスキンケア、ヘアケア、メイクアップなどの化粧品の成分や製品の特徴を身につける内容が書かれています。化粧品の歴史や商品の販売やPRに関する法律の知識を身につけるもの。

美容の分野で活躍したい方や起業されたい方は1級の知識を身につけるた方が良いです。

1級は成分の特徴や種類がメインに可能性があります。成分表などの表が2級よりも多いので、覚えるのが大変かもしれません。

覚えるコツとして、 自分が使っているコスメの成分表を見て教科書と見合わせながら興味を持つことです。

メイクアップやスキンケア、ヘアケアなどの成分表を見て自分が使っているコスメを理解することが独学でコスメコンシェルジュになれる近道です。

問題集を繰り返して慣れる。

美容の知識を得るため、資格取得に向けて独学で励むために対策問題集を繰り返し行うこと。 2級、1級ともに同じです。

2級では3級の内容も含め、皮膚の構造や肌悩みを中心にメイクアップ、紫外線、生活習慣の問題がのってあります。

1級では2級の問題も含め、化粧品の成分や原理、歴史や法律の知識を問います。

問題集をやる目的として、イメージやシュミレーションを身につけるためです。

理想としては、問題集を100%できるように準備することが合格へ繋がります。

スポンサーリンク

まとめ

受験して思ったことは、問題をしっかり読むことと繰り返し確認や見直しを行うことの大事さを知りました。

僕が経験したことは、受験が終わった後に2問ぐらい間違いが分かったことがあったからです。

試験には半年に2回しかありません。

そのことで試験に受からないのは残念な気がしますので、特に独学でされる方には1つひとつの問題に向き合って美容の資格コスメコンシェルジュを取得してほしいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました