ニキビ跡にはビタミンc誘導体 市販品を活用して肌老けをストップ!

スポンサーリンク
スキンケア

ニキビ跡や歳を重ねればシミやシワが気になり、なんとかしたいと思っていませんか?決め手の1つとなるのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体配合の市販品を上手く活用してニキビ跡やシミ、シワを改善して行きましょう。

スポンサーリンク

ニキビ跡にはビタミンC誘導体が良い訳とは?

ビタミンC誘導体とはビタミンCの改良された栄養素で、ビタミンCは強い抗酸化作用があることからエイジングケアとしての活用されています。

ビタミンCは分子構造が安定しないことが目的で、ビタミンC誘導体として改良され今は医薬部外品として扱われています。

今は市販品にも普通に配合されているビタミンC誘導体。

使用する目的として、美白有効成分としてニキビ跡によるシミや紫外線による炎症、糖化による黄色いくすみに抗酸化作用としての働き、コラーゲンの修復の効果があります。

ニキビ跡やシミ、シワがきになる前に上手く市販品を活用してケアをできるようになりたいですね。

スポンサーリンク

ビタミンC誘導体の有効な活用方法!

僕の場合はニキビ跡が気になっていたので、保湿はもちろんニキビ跡のシミを何とかしたかった思いです。

1つは美白成分ビタミンC誘導体配合された化粧水でのローションパックを行うこと。

普段の手順でビタミンC誘導体が配合されたものを使用するのは構いませんが、時間を使ってのせるだけでも効果が違います。

使用目的としては紫外線のダメージによる肌のDNAの損傷、肌の細胞の損傷の修復です。

特に夏場になると紫外線が強くなるにつれて外に出ると肌が赤くなることがありませんか?ビタミンC誘導体を使う目的はそのためです。

市販品のお使いのビタミンC誘導体配合の化粧水をローションシートにつけて肌にのせるだけ、後にビタミンC配合の美容液や乳液を塗って肌に浸透させるのがおすすめ。

ニキビ跡に困られる方は脂性肌の方がおられると思います。ビタミンC誘導体やピュアビタミンなどはさっぱりめのものがおすすめ。

スポンサーリンク

ビタミンC誘導体配合美容液、化粧水 おすすめの市販品とは?

美容液を使う目的としては、少量で高保湿やエモリエント効果が得られます。なので美容液は欠かせません。

選び方としては高濃度な美容液には即効性がいいですし、肌トラブルに効果的な持続性がいいかという選び方があります。肌にあったものを選びたい、その参考になればいいかと思いコスメコンシェルジュの僕が市販品を紹介したいと思います。

Obagi C25セラム ネオ  12ml,1万円(税別)

市販品で即効性を求めるなObagi C25セラム ネオがおすすめ。

ビタミンC誘導体が主流になった化粧品ですが、ピュアビタミンCにこだわりを持っており、高濃度で安定しやすいビタミンC配合の美容液の完成に成功。

ニキビ跡によるシミはもちろん小シワに対応できる幅広い美容液です。

エイジングケアにも適している市販品で、肌老けが気になる方は1度使用してみてはいかがでしょうか?

 

VIRCHE マルラオイルブレンド  18ml 4千円(税別)

即効性があり、透明感やハリを求めている方にはおすすめの市販品です。

ピュアビタミンC、ビタミンC誘導体両方配合された美容液。VIRCHIオンリーのマルラオイル配合、南アフリカにあるマルラの木の実から抽出された希少価値あるオイルを使用されています。

マルラオイルにはくすみをケアする働きもあり、エイジングケアにも適しております。

お顔の肌だけでなく爪や髪にもお使いできるので多様性あるのが特徴で日常で様々な使い方ができるので便利です。

おすすめな人は乾燥気味な方や毛穴が気になる人におすすめです。

 

・ETOVS 薬用 アクネVCクリームジェル  4千5百円(税別)

持続性がよくニキビ跡やシミに悩んでいる方向けの市販品。油溶性ビタミンC配合のクリームジェルで、ニキビやシミが気になる方におすすめです。

美容液とは違い、じわじわ浸透させることで負担なく持続させ、特徴ある低刺激性のクリームジェルです。

大人ニキビなど刺激に敏感になりがちなので注意が必要な中、寒い季節、ストレスに対応した市販品なので安心して使えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

ニキビの腫れは引いたけど、ニキビ跡が未だ気になる場合はビタミンC誘導体を上手く活用して、市販品でもなんでも肌質改善できるようにしないといけません。

ビタミンC誘導体で上手く活用して老け知らずの肌を目指してください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました