女性の1日のタンパク質の摂取量の決め方は?美肌になるための量とおすすめ食材

スポンサーリンク
美肌の栄養学

今の1日の食生活でどれだけタンパク質の摂取量を知っていますか?女性にとっては実は大事な栄養素でもあります。

女性が気にする肌、髪、爪もタンパク質で支えられています。1日の摂取量を知って美と健康を保つために参考にしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

女性の1日のタンパク質の摂取量を計算してみよう!

タンパク質は大事なのはわかっているけど、どれだけ1日の摂取量を摂ればいいのかわからないという人がいます。

基本的には体重1kgにつきタンパク質1kgで計算します。

例えば女性の方の体重が50kgだとして

1日1g×50=50kg

女性の1日のタンパク質摂取量は50kgになります。

ですが、一気に50kg取るのは大変!1日3食が一般的なので

50kg÷3=約17kg

1食につきタンパク質の摂取量の目安は17kg摂ることになります。

簡単に計算できるので、自分が必要なタンパク質が1日の摂取量がどれだけ必要か調べて生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

女性の美肌にタンパク質が必要な理由とは?

女性が気になる肌、1日のタンパク質の摂取量が不足するとさまざまな症状が起こりやすいです。

歳とともに気になりやすいハリや弾力の低下。肌には真皮という肌を支えている場所があり、コラーゲン、エラスチンといった繊維が存在します。

女性がタンパク質の1日の摂取量を守る理由としてコラーゲン、エラスチンを保つこと。

コラーゲンの減少により、乾燥によるしわやほうれい線に目立つたるみ、歳を重ねることによる深いしわが発生しやすいのがあるからです。

1日のタンパク質摂取量を摂るメリットとしては、肌のバリア機能も高める栄養素でもあり、今からの季節は寒くなり乾燥しやすいので冬は特に大事な栄養素です。

特に女性は美肌と美髪の維持や健全な妊娠や出産、歳を重ねることに疲労軽減や肌荒れ予防、白髪予防やシワ予防、美白、更年期症状が出にくくなる、閉経が遅くなる、肥満予防、脱毛予防などにつながると言えます。

スポンサーリンク

タンパク質が豊富なおすすめ食材!

女性におすすめなタンパク質の食材は?

・お魚/100g=25g ・牛乳1カップ=約8g ・納豆1パック=8,4g ヨーグルト1カップ=約8g

・鶏ささみ3本、鶏胸肉/100g=23g ・豆腐1丁=20g ・卵1個=6,2g

1日の摂取量を上手く活用して美肌のために、健康のために若々しく保つために取り入れて行きましょう。

ただし取りすぎにも注意が必要です。肝臓に負担がかかるので、そうなると脂肪になりやすい傾向がありますから、リスクを考えて。

あくまで1日のタンパク質の摂取量なので、無理して行うとストレスになるので計画性持って取り入れてほしいです。

スポンサーリンク

女性のタンパク質の1日あたりの摂取量が補いにくい場合は?

最近は忙しくて料理に時間がない、食事だけではタンパク質を補えない人もいたりして悩んでいませんか?

その時はプロテインサプリメントを取り入れることをおすすめ。プロテインは植物性とアミノ酸とのバランスが良いものが生活をよりよくなることだと思います。

もう1動物性プロテインがあります。筋肉をムキムキにしたい時に摂る方がいらっしゃりますが、運動をやめた途端に一気に脂肪に変わるので肝臓の負担を減らす摂取をしたい、肌、髪、爪などの健康維持を目的に摂るなら植物性が良いです。

 

女性にありがちな食事は、

朝→バナナとパン 昼→パンとスープ 夜→サラダと惣菜

これでは1日のタンパク質の摂取量がイメージだけで足りないとわかるかと。最近は忙しくて料理に時間がない、食事だけではタンパク質を補えない人はプロテインで補うことをおすすめします。

1日3食をきちんと摂る+プロテインを足すと1日のタンパク質の摂取量をクリアしやすく、より美肌を保てるかと。

スポンサーリンク

まとめ

キレイになりたい、女性の方は常に思っています。スキンケアだけではなく、体の内側にも栄養タンパク質が大事だとわかっていただけたでしょうか?

1日の摂取量や食材、プロテインで補いやすくすることが健康のため、自分の肌のためのメゾットでもあるのです。

僕も太りにくい体作りのために、自分のタンパク質の摂取量をしらべて取り入れています。

僕は乙女心があるからか、女性みたいと言われながら毎日意識しています。今日からでもタンパク質を摂取に取り入れてはどうでしょうか。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました