アンチエイジング活動で肌を若々しく!いつからできることをお伝えします!

スポンサーリンク
スキンケア

アンチエイジングは肌を生き生きとさせるためにいつから始めるべきか?答えは年代と肌の症状です。

アンチエイジングは年齢に応じた肌ケアの意味があり、いつからというのは人それぞれです。年齢によって様々な症状が出る中で早いうちからケアをすることが大切だと伝わってくれたら嬉しい限りです。

スポンサーリンク

アンチエイジングとは肌や体の老化を遅らせること

アンチエイジングは年齢の積み重ねで肌をお手入れすることも含め健康で体の老化を遅らせることです。

今回は肌についてお話しますが、まだ大丈夫だと思っていても成人した時から徐々に肌は衰えていきます。

それは食事や習慣によってアンチエイジングは左右されていきます。歳をとっても若く見える人もいれば歳が若くても年齢以上にみられることも!

この結果の差は肌も含めスキンケアのお手入れや習慣に関係しているかと表してます。

アンチエイジングはいつからでも始めても良いのですが、できれば若い時から始めるのが良いですがね。

年代と肌の症状で変わってきます。肌を老けたくないのは誰でもあることで、年代と肌を分析することでわかってくるはずです。

スポンサーリンク

アンチエイジングはいつから?肌のサインと必要習慣!

肌は年齢を重ねることで衰えてきます。年代別で肌や体は変化するので、いつから?と思うかもしれませんが、正解はありません。なぜなら人それぞれだからです。

まず知ってほしいことは年代で肌の変化があること。

  • 30代:コラーゲンの生成力の低下で肌が衰えが始まる、刺激に弱くなる。
  • 40代:ホルモンバランスが乱れ肌が衰えたり、乱れたりする。ターンオーバーの低下。
  • 50代:ターンオーバーが遅くなる、肌のハリや弾力が衰える、女性ホルモンの定価で体調が落ちやすい。

年代によっての不調が気になり、悩んだりすればエイジングサインです。いつからやるべきかは年代による肌の特徴に合わせていくことです。

いつからやるべき答えは年代と肌の症状がサインです。誰もが肌の衰える速度は違い、人それぞれ生活が違うからです。肌が気になるなら生活習慣を変えることで、大事な習慣は栄養、運動、睡眠です。

抗酸化作用がある栄養でアンチエイジング

ストレスや習慣の乱れによって肌の老化が早まる「酸化」という言葉があります。

肌の老化、健康を維持させるための栄養を取り入れたい。抗酸化作用がある食べ物を取り入れてアンチエイジングを目指しましょう。

緑黄色野菜や柑橘系の果物が含まれているビタミンC、胡麻やアーモンドが含まれているビタミンEを摂取。

コーヒーや緑茶に含まれるポリフェノールは活性酸素などの有害物質を無害な物質へと変えるもの、普段の嗜みに取り入れるだけでも肌のためにもなります。

運動でホルモンを成長させる

女性は心と体、肌のバランスをとっているのがホルモンであり、ホルモンの低下で肌の老化に繋がります。

ホルモンが減らないように、成長させるために運動やスチレッチ、ヨガで血行促進と代謝を活発にさせることで、女性ホルモンに良い影響を与えます。

デスクワークなどで座りっぱなしで離れられない場合は背伸びで軽くストレッチすることでも効果はあります。

睡眠で肌をアンチエイジング

睡眠時間が少ないとホルモンの分泌が滞り、お肌や体に悪い。睡眠には成長ホルモンが活発になり新陳代謝を促して、昼間のダメージの回復効果があります。

寝不足が続くとターンオーバーが乱れたり、自律神経の乱れ、成長ホルモンの減少に繋がります。

毎日の睡眠が肌質を左右し、肌のアンチエイジングに大事な習慣としてまずは寝ることをおすすめします。

スポンサーリンク

スキンケアでいつからでも肌を守るための大事なこと

アンチエイジング関係なく肌を守るためにスキンケアの役割が大事になってきます。

肌が悩んでいる方や肌の老化によっての衰えが気にしている方は特に覚えて欲しいことです。

スキンケアとは基本となる汚れを落とし、うるおいを与え、うるおいを逃がさないように保つのが目的です。ステップを大事にして行くことはいつからでもできるはずなので理解して取り組んでください。

その他に肌にダメージを与えないように大重要なことをお伝えします。

紫外線で肌にダメージを与えない

日焼け止めを冬でも塗る理由は紫外線から守るためです。紫外線は別名で光老化とも言います。約80%顔が紫外線によるダメージを受けています。

皮膚の中の細胞のダメージやコラーゲン繊維やエラスチン繊維が変異します。これが次第にしわやたるみになります。

もう1つは肌の水分が減少されること。紫外線に当たり顔が赤くなると水分の現象が始まり、ごわつきやカサカサしたりすることで乾燥します。

UVクリーム、ファンデーションで肌をカバーするこすることで紫外線のダメージを防ぎましょう。

洗顔は摩擦や刺激を与えない

洗顔時には肌を落とす時に肌をゴシゴシするのはやめましょう。

肌の表面はでこぼこしているので、汚れやすく傷つきやすいので刺激や摩擦を与えないように優しく洗いましょう。

化粧水をつける時にコットンで馴染ませる場合も優しくつけましょう。

保湿で肌バリアをあげる

肌を正常にすることは保湿を高めることです。皮膚には20〜30%は水分で保たれており、コラーゲンを保つためにも水分が必要になります。

季節による外的刺激や乾燥から肌を守るために水分の役目があります。肌の水分を与えてうるおいある肌がアンチエイジングとしてのスキンケアの大事な基本になりますのでいつからでもというより早めに意識してほしいです。

スポンサーリンク

アンチエイジング活動で肌を若々しくする大事な習慣とスキンケアについてのまとめとして

  • アンチエイジングのいつから始めるサインは年代と肌の症状を比較する。
  • 栄養、運動、睡眠の習慣が大事。
  • スキンケアはUVケアをする、摩擦や刺激を与えない、肌に水分を蓄えて肌バリアを高める。

アンチエイジングは何歳になっても気にするものですが、食事や睡眠などの生活習慣、スキンケアも日常で変えられることを実践して肌を生き生きとする美肌を手に入れてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました