エイジングケアとは?意味を知るより知って欲しいこと。

スポンサーリンク
健康習慣

エイジングケアとは年齢に適したお手入れをする意味であることが一般的であります。

ですが年齢に適したスキンケアも大事ですが一番の望みは健康であり、その上を目指してくださいと伝えたい記事を書いてみました。

スポンサーリンク

目指すは健康の上を目指すために知ってほしいこと。

オプティマスヘルスという言葉はご存知でしょうか、最適な健康という意味であり、健康の上を目指すという意味であります。

例えば実年齢より若く見られる人でしたり、実年齢より肌年齢はかなり若い、実年齢より血管年齢は若い人を指すことを意味をします。

エイジングケアとは間接的な意味でもあり、間接的な繋がりであるとわかって欲しいです。

栄養失調で肌に影響する。

実際の現代社会で問題視されている一つにカロリー過多で栄養失調、原因として食の欧米化によって食生活の乱れが増えてきてます。

それによって脂っこいものや、甘いものが増えたことで肌トラブルを増えてきてる人がいます。

健康だけではなくキレイな肌に導くことはビタミン、ミネラル、食物繊維、たんぱく質を豊富に摂取するのが理想であり、1日に必要な野菜や果物を約350g摂るのが望ましく、少なくとも普段の食事に+100g摂取するようにとも言われてます。

ですが、今はそれが難しい時代であることがわかる気がします。

だから栄養補助食品であるサプリメントで補うということであり、サプリメントは簡単にいつでもどこでも手軽に、カロリーを低く補給できるので便利です。

それでもあくまで栄養補助食品なので、いくらサプリメントで補おうとも生活習慣が悪くなったり、食生活が悪かったりすれば病気になる可能性も出てきますし、肌悩みも同じです。

エイジングケアとは何かよりも、自分の生活習慣の見直しが大事で後から意味がそのまま結果に繋がる肌を目指しましょう。

健康を推進する理由、エイジングケアはこれから大事な役割。

健康とは病気にならない身体作りが大事であり、保障まではできませんがこれから意識しなければいけない時代なんだと思います。

医療に頼らない身体作り、予防作りのことであり薬を飲まないで良いような健全とした生活を送ることです。

歳相応な肌悩みであるしわたるみも同じ考えだと思います。

2011年には医療費が37兆超えであり、現在は40兆超えています。

2016年から2026年この10年間は医療費が20億アップすると言われており、次第には医療費が破綻するんじゃないかと言われます。

今の時代は医療に頼りすぎであり、本来必要のない医療や薬で使われています。

医療がいらないとは言ってません。何かあったらすぐ医療に頼るのはどうなの?と言うのを言いたいだけです。

例えば風邪というのは誰でもかかるものです。無理して動かさずに休んでさえしていれば治る軽い症状です。

確かに熱などせきが止まらずに入れればきついですが、薬を飲んででしか解決できないものではありません。

まるで医療に依存しているかのよう。そうならないための生活習慣が重要な時代です。

自分の意識が変われば世の中変わる。

他人は変えれない。変えるのは自分からだと言われてたことがあります。

エイジングケアは将来のためでもあり僕は若々しくいたい気持ちが強く、そうあって欲しいという願いも込めて美容もそうですし、ブログもはじめました。

エイジングケアとは年齢に適したお手入れをする意味であることが一般的でありますが、年齢関係なしにみんな若々しくキレイにあったら世の中明るくなると僕は信じてるし、そうあってほしいと活動できたらという気持ちです。

社会を変えるには自分が変わる、美容で実現するのが僕の夢であるのかもしれません。

実年齢より若く見られる人、実年齢より肌年齢はかなり若い、実年齢より血管年齢は若い人など1人でもいたら明るくなります。

あなたもその1人になってください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

伝えたかったことは、1人ひとりが健康な生活を意識すれば体だけではなく、肌も生き生きとした状態になる。

その意識が社会貢献に繋がる。

美容と健康はセットかもしれません、自分と社会が明るい時代に繋がるブログ作りと美容と健康の意識をもっと高めて成長したい。

記事を書くときにそう感じ、1人でも多くの人に伝わったら嬉しい限りです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました