オイリー肌の悩み!スキンケアで30代の改善による美肌にいいこと!

スポンサーリンク
スキンケア

オイリー肌の方はスキンケアでゴシゴシしがちだったり、30代の方は肌の衰えが気になるかと思います。

オイリー肌の方には肌質による肌悩みもあ理、30代でスキンケアの改善や女性では特にメイク崩れが気になるかと、そこには原因があるからです。オイリー肌でも美肌を目指して行きましょう。

スポンサーリンク

オイリー肌なのに水分不足!?30代のスキンケアに水分補給が必須の理由とは?

オイリー肌の方は男性ホルモンの分泌が激しいため肌がテカテカしたり、ベタつきしたりします。スキンケアでゴシゴシして摩擦や刺激を与えていませんか?

ごっそり取りたいがために行う気持ちはわかりますが、30代は肌が少しずつ衰え始めますのでこの行為はよくありません。それに顔を洗ってその後のことは何も行わずに終わる人も多いです。

30代の方は特に水分補給を心がけてほしい、オイリー肌の方でも実は乾燥することがあり、ターンオーバーの乱れによりシワやくすみが発生してしまいます。

洗顔で泡を立てて優しく洗い、タオルドライしてからすぐに化粧水で水分補給がポイントであり、水分が逃げないように乳液、クリームで水分を閉じ込めましょう。

注意してほしいことはオイリー肌の方は油分量の多い化粧品は控えること。

オイリー肌の方でもうるおいがほしい。皮脂、細胞間脂質、NMFの保湿の因子のバランスをより保たせるか。30代の方は水分量が減少しやすい年代なのでスキンケアは水分補給が大事になるのです。

 

スポンサーリンク

30代でもオイリー肌の肌悩みはスキンケアチェンジで実践する

30代でも、オイリー肌の方が悩みやすいことはニキビや開き毛穴です。先ほどにもお話しましたがゴシゴシと洗うことで、角質に摩擦や刺激が起こります。

肌のうるおいがなくなるので皮脂の過剰な分泌が発生してしまいます。なのでスキンケアは優しく洗うのも大事。

30代の方でもオイリー肌が悩むニキビ、開き毛穴。スキンケアは皮脂を抑えるものやアクネ菌殺菌成分、炎症を抑える成分が配合されたものを使うこと。油分の多い化粧品は使わない。

成分表にエストラジオール、サリチル酸、レゾンシン、アラントイン、グリチルリチン酸2kが配合されたものはニキビ専用の化粧品。ニキビに悩んでいる方は専用化粧品を使うことです。

開き毛穴の場合は皮脂の過剰な分泌が気になります。オイリー肌のスキンケア方法としておすすめなのが美白化粧品を使うこと。

なぜならビタミンC誘導体が配合されているからです。ビタミンC誘導体は皮脂抑制効果があるので美白化粧品や配合されている化粧品を使ってみるのもいいかと。

 

スポンサーリンク

メイク崩れ防止!30代のオイリー肌が心がけたいこと!

30代の方でもオイリー肌の人がいる中で、特に女性はメイクの崩れが心配だと思います。男性の僕ですが、一応メイクアップアドバイザー検定取得した経験ありますので、それを踏まえた上で説明させてください。

オイリー肌の方でもメイク崩れしないためには、スキンケアでしっかり整えたあとはメイクアップベースをしっかりすること、ファンデーションはカバー力があるものを使うフェイスパウダーを使うこと。

まずメイクアップベースを塗らずにファンデーションを塗る方がいます。メイクアップベースの目的は肌表面とファンデーションをなじませるためです。特にオイリー肌の方がメイク崩れを起こす1つの要因でもあります。

今ではオイルフリーのものもありますので、ニキビができるのが不安の方はオイルフリーを使うのもいいかと。

もう一つはフェイスパウダーを使わない人が多いということ。フェイスパウダーは皮脂を抑えることやテカリを抑えるメイク持ちをよくします。崩れ防止にもなりますので、オイリー肌の方は使ってほしいと思います。

夜のスキンケアで、クレンジングはしっかり行うこと。皮脂や汚れを落とし汚れが残らないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

オイリー肌の方が実践してほしいことは

  • 30代は水分補給は大事。
  • オイリー肌の方でニキビや開き毛穴の人はスキンケア化粧品をチェンジ。
  • メイク崩れしないためにメイクアップベースをしっかりする、フェイスパウダーで皮脂を抑える。

オイリー肌の方に肌がテカテカが気になると言って保湿をしないがちなので30代からは特に肌に水分を補給するだけでもスキンケアとしても機能します。

肌が衰えを気にならないようにオイリー肌の方はそれに合った日頃のお手入れを行いましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました