肌を綺麗にする方法!30代が心得たい美肌のためになる3つのいいこと!

スポンサーリンク
スキンケア

肌を綺麗にする方法は誰でも知りたいですよね!30代の方やもうすぐ30代になる方は特に気にしているのではないでしょうか?

特に肌を綺麗にする方法とはいくらでもありますが、お伝えすることは誰でも意識できることなので、少しでも役に立てればと思います。

スポンサーリンク

肌を綺麗にする方法・30代の肌の特徴とは!

肌を綺麗にする方法の前に30代の肌の特徴を知る必要があります。なぜなら肌は減少気味になることを知っておく必要があるからです。それがわかった上で30代が意識する肌が綺麗になる方法が見つかります。

30代は肌が衰えるのが特徴である原因としてはコラーゲンの生成が鈍くなります。

コラーゲンには真皮に潜むコラーゲン繊維やエラスチン繊維があります。しなやかさと弾力があるのは繊維が丈夫だからハリがあるのです。30代しなやかさと弾力を維持するためにタンパク質やその1種のコラーゲンを摂りましょう。

真皮の70%はコラーゲンであるため、繊維を保つための栄養素はタンパク質が必要であるため、ハリ感を高めるための必要素です。

30代は顔の摩擦や刺激はなるべく与えないようにしましょう。加齢とともに肌は敏感になっていきますので、スキンケアの際は優しく洗うのがポイントです。

スポンサーリンク

肌を綺麗にするための保湿にうるおい

肌を綺麗にするために大事なことは保湿、水分と油分のバランスが重要です。

肌のうるおいには皮脂、細胞間脂質、NMFの保湿の役割のある因子により肌は守られています。しかし30代の方は水分量が減少しやすい年代。

ターンオーバーの乱れにより水分は減少してしまい、肌がカサカサする減少を起こしてしまい乾燥になりやすいです。

肌が綺麗にする方法としてはうるおいを与えてあげることです。

30代が意識してほしいことはクレンジングでは優しく洗うこと。スクワランやアミノ酸、セラミドが配合された化粧品を使ってしっかり保湿を行い乳液やクリームで水分が逃げないようにすること。

それでも気になるならばシートマスクもおすすめです。

スポンサーリンク

肌を綺麗にする方法には、30代から摂っておきたい栄養素

肌を綺麗にする方法は日頃の食事が肝心でもあります。コラーゲンの減少で衰えやすい、だからタンパク質を摂りましょうと書きました。

それとは別に他の栄養素も摂ってほしい、抗酸化作用がある栄養素です。ビタミンCやビタミンE、カルシウムなどです。

・ビタミンCはアセロラ、チェリー、緑黄色野菜柑橘系などに含まれております。抗酸化作用だけでなく、コラーゲンの生成を促進やストレスの減少効果もありますので、働き盛りの30代の方はおすすめです。

・ビタミンEはアーモンドやうなぎ、ピーナッツなどに含まれています。ホルモンバランスを整える栄養素でもあるので女性の方には特におすすめです。細胞のダメージを減少する働きもあるのでおすすめの栄養素、アーモンドやピーナッツはお菓子感覚で召し上がれますので便利です。

・カルシウムは乳製品や豆類、海藻類に含まれています。カルシウムが必要な理由は骨も大事だからです。骨の老化が肌にも影響、老化で骨も減少すると肌のしわやたるみ、ほうれい線が目立つからです。肌だけ気にせず、顔の骨にも注意が必要です。

肌を綺麗にする方法は抗酸化作用だけでなく骨にも栄養を与えていくことが大事。

スポンサーリンク

まとめ

肌を綺麗にする方法のまとめとして30代の方が美肌になるには。

  • コラーゲンの減少させないようにする。
  • スキンケアは保湿が重要、水分は特に補う。
  • 抗酸化作用、骨も丈夫にさせること。
肌を綺麗にする方法3つでした。30代になるとどうしても肌に気になりがちです。男性である僕もそうです。
食事やスキンケア方法を変えるだけで自分の肌は変わります。何歳になっても美肌でいたいそう思う人でも今からでも遅くありません。
今からでも美肌になれるように頑張ってみてはいかがでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました