オーガニック+エイジングケアは成り立たないことも!オーガニックは肌に優しいとは限らない。

スポンサーリンク

f:id:t-kouhei:20191028123624j:plain
オーガニック化粧品を使ってみたいという人はじっくり読んでほしい記事です。

オーガニック化粧品は肌に優しくて効果があるということを記事で見たり、聞いたりします。

実際は効果はどうなの?みたいに思うこともあれば、疑問も抱くこともあり、オーガニックは良いことだと思います。

しかし、本来のオーガニックということを理解していない人もいると思いますので、今日そのことについて書いてみました。

オーガニックとは?

オーガニックとは有機栽培された植物のことです。

化学合成農薬不使用、化学肥料不使用、遺伝子組み換え原料不使用などのことで、日本では有機JASという協会がありますが、食品としての認定で化粧品に対しては認定はありません。

日本でのオーガニック化粧品は基準すらないのです。

イギリス、フランス、イタリア、ドイツなどのヨーロッパの国はオーガニック団体が存在します。

もちろんその団体にはオーガニックとして厳しい基準がありますので審査を通るのは厳しいのは事実。

日本とヨーロッパでは農薬や化学肥料に対する意識の差があります。

日本には食品も含め、オーガニックの意識がうすいのは確かですが、オーガニックだからといって化粧品が良いかは別の話です。

スポンサーリンク

オーガニック食品は習慣にしたほうがいいが、エイジングケアはオーガニック化粧品に向いてるかは別の話

自然で安全なイメージを持っているオーガニックですが、本当に安全なのかと言ったらそうではありません。

植物は薬草や毒草として飲食だったり、塗ったりと昔の治療法として使われてました。

しかし、植物には植物毒が含まれる物もあり、微生物や昆虫、動物を撃退する目的にも使われていました。

植物にも刺激が強いものもあることから、オーガニック化粧品を選び方1つで肌トラブルを招く危険性があるからです。

エイジングケアとオーガニック化粧品は別の考えを持った方が僕はいいかと僕は感じていて、

エイジングケア商品に大事なことは、どれだけ老化を遅らせる美容成分の凝縮と商品をどれだけ引き出せる科学力が大事になってきます。

オーガニック化粧品はオーガニック植物を使った化粧品という意味で、国内ではオーガニックによるイメージと意味合いが噛み合わないので誤解が生まれたのだと僕は思っています。

もし、オーガニック化粧品を試されたい場合は少しでも肌に悪影響を感じたらやめることです。

そして悪化が治らない場合は皮膚科、クリニックで相談して対処してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました