エイジングケアとして保湿を頑張るというのは間違いじゃない!

スポンサーリンク

f:id:t-kouhei:20191028124026j:plain

エイジングケア化粧品は他の商品とは違って美容成分が凝縮されていたりと価格は高め!

 

さすがにこの値段はと悩んだあげくに買わなかったりとしたことはありませんか?

 

でもどうにかしてエイジングケアをしたいという方はいるかと思います。

 

僕は何度もエイジングケア、外も内も説明していますが、なぜ保湿でエイジングケアになるのか?と思う人のために書いてみました。

 

肌悩みに多い乾燥!乾燥が老化につながるから

これから秋から冬にかけて湿度も下がります。

 

これからの季節に多い肌悩みが乾燥て、特に敏感肌の人は要注意な季節と言っていいでしょう!

 

寒くなると血行も鈍くなりやすく新陳代謝もスムーズになくなります。

 

そして肌表面がみずみずしさがなくなり、手で触るとゴワゴワしたり、かさついたりとしてキメが乱れてしまいます。

 

特にエアコンにあたりっぱなしだと湿度の低い空間にいることになるので肌の水分までもが逃げてしまいます。

 

ターンオーバーも遅くなり、角層が生まれ変わらなくなっていくため、ヒアルロン酸も減少します。

 

そうなるとシワになりやすいので肌には水分量で左右されると思ったほうがいいでしょう。

 

保湿が基本!保湿力を高める習慣をつけましょう!

敏感肌の人は特にメイク落としによるクレンジングやウォッシングは肌に摩擦や刺激を与えないようにしていきましょう。

 

スキンケアはしっとりとしたタイプを選ぶようにしてください。

 

十分に保湿ができるように化粧水→乳液→クリームという順番につけて、口唇や目の下は別にポイントケアとしての美容液をつけて目下のたるみや口のカサつきの予防を。

 

エアコンでの温度調節は構いませんが、保湿も調節できるようにしましょう。

 

外出時に紫外線を直接肌に負担かけないようにUVクリーム、ファンデーションでカバーしましょう。

 

睡眠時間を十分にとり、リズムが乱れないように肌の回復力を高めましょう!

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました