肌にいい食べ物、飲み物。肌に合った栄養素を摂り入れよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

栄養はまずバランスより、摂りたいものを決める。

身体の中身をキレいにするために毎日食べ物や飲み物を摂取していると思います。

栄養のバランスを取るようにと言われ続けているこの現代社会。

なかなか難しいものです。

それに何を摂ったらいいかわからないということもあるかと思います。

僕がオススメなのはまずはバランスではなく、今肌に大事な栄養素は何か?、身体に必要な栄養素は何か?。

摂りたい栄養素を決めて摂り入れる習慣をつけてみることです。

全て習慣を変えても長続きしないことも考えられますので、ペースを考えていけばいいかと思います。

そこで代表な栄養素の特徴と働きを覚えてほしいと思っているので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ビタミンはエイジングケアに適している栄養素。

f:id:t-kouhei:20191028125309j:plain

・ビタミンA

皮膚や粘膜を守る役割があり、肌の健康を保ちます。

新陳代謝を助け、乾燥を防ぎ、うるおいを与えます。

「主な食品」

レバー、うなぎ、乳製品、緑黄色野菜(小松菜、ニンジン、ほうれん草、菜の花など)

・ビタミンB類

皮膚の炎症を防ぎ、肌や唇をなめらかに保ちます。

身体の機能をスムーズに働かせ、肌をいきいきとさせ、血液のめぐりを良くします。

「主な食品」

豚肉、牛や豚のレバー、うなぎ、豆類(豆腐、納豆、枝豆など)、魚類、ナッツ、乳製品

・ビタミンC

メラニン生成を抑える働きがあります。

コラーゲン生成の促進により、肌に弾力を生みます。

「主な食品」

アセロラ、柑橘系、イチゴ、トマト、オレンジ

・ビタミンE

ホルモンバランスを整え、血行を促進します。

体内な酸化を防ぎ、老化を遅らせます。

「主な食品」

アーモンド、ごま油、うなぎ、ピーナッツ、サーモン

スポンサーリンク

肌を作るために必要な栄養素。

肌を作る上で大事な栄養素はタンパク質。細胞の健やかにする役割はカルシウム。

この2つも欠かせない栄養素です。

・タンパク質

皮膚を作る役割があり、不足するとシワの原因やツヤが失われます。

「主な食品」

大豆、肉類、乳製品、魚類

・カルシウム

肌細胞を活性化させます。

不足するとシワや乾燥といった肌トラブルの原因にもなります。

「主な食品」

乳製品、レバー、豆類、水菜、小魚類

スポンサーリンク

おわりに

健康で美しい肌をつくる中で、暴飲暴食には注意をしてください。

甘いものや脂っこいもの、お酒類の摂りすぎはマイナスなので生活習慣には気をつけてストレスをためない美肌を目指してほしいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました