美しい肌づくりは身体の中に入れる栄養素が鍵。オススメな栄養素を紹介します。

スポンサーリンク

美肌のために美容液やパックといったスキンケアも大事ですがやっぱり身体の中からのケアだって必要です。

そこで、今回は美容にオススメの栄養素をご紹介します。

・ビタミンA

皮膚や粘膜を守る役割があり、肌の健康を保ちます。

新陳代謝を助け、乾燥を防ぎ、うるおいを与えます。

「主な食品」

レバー、うなぎ、乳製品、緑黄色野菜(小松菜、ニンジン、ほうれん草、菜の花など)

・ビタミンB類

皮膚の炎症を防ぎ、肌や唇をなめらかに保ちます。

身体の機能をスムーズに働かせ、肌をいきいきとさせ、血液のめぐりを良くします。

「主な食品」

豚肉、牛や豚のレバー、うなぎ、豆類(豆腐、納豆、枝豆など)、魚類、ナッツ、乳製品

・ビタミンC

メラニン生成を抑える働きがあります。

コラーゲン生成の促進により、肌に弾力を生みます。

「主な食品」

アセロラ、柑橘系、イチゴ、トマト、オレンジ

・ビタミンE

ホルモンバランスを整え、血行を促進します。

体内な酸化を防ぎ、老化を遅らせます。

「主な食品」

アーモンド、ごま油、うなぎ、ピーナッツ、サーモン

・タンパク質

皮膚を作る役割があり、不足するとシワの原因やツヤが失われます。

「主な食品」

大豆、肉類、乳製品、魚類

・カルシウム

肌細胞を活性化させます。

不足するとシワや乾燥といった肌トラブルの原因にもなります。

「主な食品」

乳製品、レバー、豆類、水菜

これらの栄養素を摂取してこそ美しい肌へと導いてくれることでしょう。
食生活やサプリメントで補うこと、上記の栄養素も意識的に取り入れてお肌のコンディションを整えていきたいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました